調査実績

家を出て男と暮らし始めた妻 ―調査依頼から裁判…決着に至るまで―

こんにちは。

昨年末ご依頼いただいた調査の報告書作成ラッシュで忙しくしておりましたが、やっと今一段落といったところです。
出来上がった報告書は、ほとんどの場合は事務所に受け取りに来ていただいています。
一番安全に受け渡しができますし、来ていただいた際に今後の方針を話し合ったり、近況をお伺いしたりもできるので。

でも、どうしても来られないという場合はご指定の場所にお送りしております。
昨日も、県外からご依頼のお客様へ出来上がった報告書をお送りしました。

来社でのお渡しに次いで多いのが、弁護士事務所にこちらから直接持参するというパターンです。
既に弁護士さんに依頼している場合や、弁護士さんへのご相談が決まっている場合など、ご指定いただいた弁護士事務所へ直接持参いたしております。
今月も既に2件の報告書をそれぞれの弁護士さんにお渡しいたしました。

調査が立て込むと、報告書の提出までに時間がかかってしまい、お待たせして申し訳ないです
しっかりとした内容のものをお作りしておりますのでご了承くださいね。

さて先週のことですが、昨年ご依頼いただいたお客様がその後の経過報告のために来てくださいました。
このお客様(Kさんと呼ばせていただきますね)は奥様の浮気調査をご依頼いただきました。
当時、口喧嘩が増えていたKさんご夫妻ですが、ある日突然奥様が、実家に帰ると別居を宣言して家を出ていったというのです。
少し距離を置いてクールダウンするのもいいか…と思っていた矢先、奥様の実家から連絡がありました。
別居についての話かと思いきや、奥様のご両親は二人が別居していることすら知らない様子だったというのです。
そこで奥様のご両親には敢えて別居の事実は告げずに考えた挙げ句、弁護士に相談。
そこで弁護士さんから弊社を紹介されて相談に来られたという経緯でした。

相談に来られた際も、調査に踏み切るのをとても躊躇されていました。
こちらとしては、強引に調査を勧めることはしませんので、こういった場合によくある調査の流れを説明し、調査をするとどのように話を進められるのか、反対にリスクとしてはどのようなことがあるのかという事をしっかり説明させていただきました。
だた、現在の流れからしてこの案件は調査をした方が絶対いいケースであるということもお伝えはしました。
それでも最初の相談時には調査を決断することはできず、一旦帰ってよく考えるということになりました。

1週間程経ってからだったでしょうか、再度ご連絡があり来社されたKさん。
そこで契約となりました。

まずは奥様が今現在どこに住んでいるのか判明させる必要があります。
結果は案の定、見知らぬ男性宅で生活しているのが判明。
そこから、そこで生活している証拠をしっかりと押さえて調査を終了しました。

奥様からは離婚の請求をされていたので、Kさんも弁護士を立てて対応。
相手男性への慰謝料請求と離婚についての調停では話がまとまらず、裁判になりました。
Kさんがが探偵をつけて調査をし、しっかりとした証拠を掴んでいるという事実を知らない奥様は言いたい放題。
自分の浮気は否定しつつ、Kさんの事を徹底的に攻撃してきます。

しかし証拠は何より強いです。
奥様がKさんについてあることない事好き放題言ってくることに関しては全く証拠なんてありません。
反対にKさんには何よりも強い証拠があるのです。
どちらが真実を話しているのかなんて一目瞭然ですよね。
奥様に勝ち目なんて全くありませんでした。

実際に裁判にまで至るケースはそんなに多くはありませんから稀なケースではありました。
最終的に昨年末、裁判官から和解の提案があり、言い訳できないと悟った相手はその内容を受け入れて終了となった次第です。

昨今、一般的に裁判にまで至った場合の慰謝料額の相場というのは150万円〜200万円と言われることが多いようです。
しかしKさんの場合、相場金額の倍額で決着したという事でした。
そして、早くも全額受け取りも完了したとのこと。

これには私達もすごく嬉しかったし、驚きもしました。
ただ、何が勝因かというと、しっかりとした証拠があったということに尽きます。
調査を迷って苦渋の決断ではあったけれど、調査して本当に良かったと言っていただきました。
何度もお礼を言われるKさんに、こちらの方こそどんなにお礼を言っても足りないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。
調査をしてよかったという言葉は何よりの励みになります。

調査をするというのは皆さんとても勇気がいることです。
調査をどこに頼んでいいのかもさっぱりわからないと言われることも多いです。
Kさんの場合は弁護士からの紹介でしたので、そこは安心して依頼できてよかったと言われていました。
そうでもないと、自分自身で探偵を探して調査を依頼する勇気は無かったかもしれません…と。

今回の事例は離婚を決意して行動された結果です。
実際に離婚も成立しました。

多くのお客様は離婚はしたくないという気持ちを持たれています。
そういう場合にも、それにあった方法というのがあります。
昨年末に調査後の現在の様子をお話に来てくださったお客様は、離婚せずに夫婦関係修復をされておられます。
そのお客様も、浮気相手の女性に慰謝料請求はしっかりとし、全額無事振り込まれたとのことでした。
もちろん、裁判にはなっておりません。

現在も調査の終了した数名のお客様と頻繁にLINEのやり取りをして、気持ちの整理や今後の方針についてよくお話しています。
ときにはLINE電話でお話したりすることもあるんですよ。
LINEって気楽に相談できていいですね。
調査後何年か経ってもふとご連絡いただくこともあります。
そういう出来事もとても嬉しいです。

今年も早くも色んなご縁をいただいています。
今後も弊社を選んでいただいた気持ちを大切に、誠実に対応させていただきます。

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事