選ばれる理由

弁護士との連携

ご希望のお客様にはテラスエージェント提携の弁護士をご紹介することにより、調査後の様々な手続きを弁護士が代理人として行うことが可能です。

弁護士の力が必要なケースとは

慰謝料請求や離婚に向けて行動を起こす際に必ずしも弁護士が必要というわけではありませんが、浮気相手に接触禁止の誓約書を書かせたり、訴訟手続をする際には弁護士を立てたほうが問題解決までスムーズに進むケースもあります。

😨

自分で配偶者や浮気相手と交渉する自信がない

😨😨

相手が素直に離婚に応じてくれない

😨😨😨

慰謝料請求の相手方が弁護士を立てて対応してきた

このような場合、多くの方が弁護士の力を借りる選択をされています。
「浮気調査が終了したものの、どうしていいかわからない…」
「離婚裁判に強い弁護士を知りたい」
「弁護士に相談したいけど、費用がどのくらいかかるのか不安」
etc…
このようなお声を多くのお客様からかけられます。法的な知識が不足している事により、思うような結果を得られないという事態にならないために、テラスエージェントでは調査終了後も問題解決に至るまでしっかりとご相談に応じます。必要に応じて弁護士から上手にアドバイスをうけつつ問題を解決していただきたいと思います。

探偵の必要性を考える

岡山テミス法律事務所 弁護士 柴田収

はじめまして、岡山テミス法律事務所の柴田です。
裁判になったとしても、裁判官はあなたのパートナーが浮気をしたことを直接知ってはいません。
浮気があったと確実に裁判官に認めてもらうためには、十分な証拠が必要です。
また、交渉によって浮気の問題を解決するときも、交渉が決裂しても裁判で解決できると確信を持つことで、強気の交渉を進めることができます。
そのため、浮気の問題を扱うにあたっては、証拠の有無が非常に重要になります。
そして、探偵が掴む証拠は、浮気の決定的な証拠となります。

その一方で、探偵社の中には、スキルが不十分な探偵社、調査をしっかり行わない探偵社、高額の調査費用を請求する探偵社などもあり、依頼者との間でトラブルになってしまうことも少なくありません。
そのため、探偵の掴む証拠の価値は理解しつつも、トラブルの危険を恐れ、依頼者に探偵を勧めることには二の足を踏む弁護士は多いです。
そんな中、弁護士の目から見て、調査のスキルが高く、調査費用も良心的であり、安心して紹介できるという探偵社は、貴重な存在です。
テラスエージェントの調査結果を元に私にご相談に来られる方のご依頼は安心をして取り掛かれますし、探偵の選択で悩まれている私の依頼者の方に、テラスエージェントを自信を持ってご紹介しております。

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事