つぶやき

平和な世界をつくるために、まずは家庭から

皆さんゴールデンウイークはいかがお過ごしですか??久しぶりの移動のできるGWでしたが、どこかへ行かれたりはしましたか?

もう残すところ後1日。あっという間ですね。

先月の話ですが私は以前からずっと行きたいと思い続けてきた場所、鹿児島の知覧へ行ってきました。

知覧特攻平和会館

そこは戦時中にタイムスリップしたかのような感覚を覚える場所でした。

特攻隊の方をはじめ、周りの親、兄弟、恋人や妻の気持ちが痛いほど突き刺さってきます。

私も子供の母親として、このような時代に生きていたらどのような気持ちだっただろうと想像すると涙が止まりませんでした。

今の平和な日本は、あの時代の方々が命をかけて作ってくださっていることを改めて痛感し、絶対にその事を忘れてはいけないと心に刻みました。

現在、世の中には悲しい戦争が起こっています。何故このような事を繰り返すのでしょうか。これまでの過ちから私たちは何を学んだのでしょうか。戦争をして得をするのは一体誰なのでしょうか。遠い他国の話ではなく、自分自身この事として考えさせられます。

今のような時代だからこそ、知覧で改めて平和の素晴らしさを感じ、守っていかなくてはと強く思いました。

帰りの飛行機から見た夜景

この夜景を当時の兵隊さんたちが見たら、どう感じるのでしょうね。また、そこに生きている私たちはどのように映るのでしょう…

当時の方々に恥ずかしくないよう、周りの人たちを大切にし、一生懸命生きていかなくてはいけないな…
せっかく今の時代に生まれてきた幸福を大切に生きないと当時命をかけて今の日本を作ってくださった兵隊さんたちに申し訳ないですもんね。

今回の旅で、非力ながらも世の中から争いごとを少しでもなくしていかなくてはと強く思いました。それにはまず、社会の最小単位である家庭から幸せにしていって、世界中の家庭が幸せになったらきっと戦争などのない世の中になっているんだろうと思います。

そのための第一歩として私は幸せな家庭を作るお手伝いしたいです。
家族の中に辛い思いをしている人がいるのは幸せな家庭ではありませんから。
どうすればいいのか、今何をどう行動すれば良いのか、これまで多くの経験からとことんアドバイスしますから、どうか安心して相談しください。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 平和な世界をつくるために、まずは家庭から

  2. 夫の浮気から離婚し、相手の女に慰謝料請求をして半年…今は○○です。

  3. たんてーばーしょーる?!

おすすめ記事