弁護士について

探偵と弁護士

こんばんは。

毎週火・木・土曜日のブログを担当しております総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。

今日もよろしくお願いします。

時々、探偵と弁護士の関係について書かれているサイトやブログを見かけることがあります。
その内容は探偵と弁護士の癒着、双方が儲かるように必要のない調査をさせる、もしくは必要のない弁護士依頼を勧めるというようなもの。。。
それによりお互いリベート等があり、潤う仕組みのような事も書いてあったりします。

弊社のホームページをご覧になられたら一目瞭然ですが、弁護士とはとても交流のある探偵事務所です。
しかし、ご覧の通り顔を出してご紹介させて頂いてる先生方だけでも結構な人数です。
こんなに多くの弁護士が探偵事務所のHPに出ているところは、他にはあまりありません。
また、ここに出てくださっている限りではなく、その他にも多くの先生をご紹介させていただいております。
そこに利害関係は一切存在しません。
癒着ということになると、こんなに多くの弁護士と癒着関係になるなんて到底不可能です。
弁護士に依頼するかどうかなど、探偵に依頼するかどうかと同じで個人の自由です。
絶対に依頼しないといけないということなど全くありません。

弊社では、もし弁護士に相談したいなら紹介します、といったスタンスです。
ご自身で知り合いや関係のある弁護士さんがいらしたらもちろん、その弁護士に依頼していただいています。
そして、この弁護士さんじゃなければ絶対にダメ、といったことも言いません。当たり前ですが。
ご自身で相談に行って、自分で判断していただくのが一番です。
自分の希望をどの程度汲んでくれるのか、無理なことでも何でもできるという弁護士も信用できませんが、こちらの希望の多くを却下されるもの依頼する意味があるのかどうか考える必要もあります。
そのあたりをよく話をして見極めてください。
弁護士さんに相談に行く時に、同行してほしいと希望されるなら、報告書を持参して同行させていただいたりもしております。

そもそも、どんな時に弁護士が必要なのでしょうか?
それも人により差はありますが、相手の出方や性格も関係してきます。
相手が弁護士を立てているなら、こちらも弁護士さんにお願いして交渉していただいた方がいいかもしれませんね。
法律的な知識が不足していると対等に渡り合えないかもしれませんから。
また、相手に常識が通用しない、話が通じない、会話にならないといった場合は自分で交渉しても埒が明かないですから、弁護士さんにお願いして交渉してもらうという手もあります。
弁護士さんは、あくまでも自分の代理人。
交渉事を自分の代わりにしてくれます。しかもきっちりと。
口下手で、うまく自分では交渉できないと思われるなら弁護士さんにお願いするのもいいと思います。

ただ、弁護士依頼するとお金はかかります。
どのくらい必要なのかは、離婚をするために依頼するのか、慰謝料請求のためなのかと言った内容によっても料金は変わるようです。
多くの法律事務所はホームページ等で、料金を明記してあったりしますから、確認してみてくださいね。

弁護士さんも依頼したほうがいい場合と、自分自身で解決できる場合と人によりそれぞれ違います。
そのあたりも調査中から調査後にかけて、しっかりとアドバイスさせていただいております。

また、弁護士さんの方からご紹介いただいて調査をお受けすることも多いです。
これもまた、一切リベートなどは発生しておりません。
全くお会いしたことのない弁護士さんから、裁判等で提出された弊社の報告書を見て、ここなら間違いないとご紹介いただくことも少なくありません。
お客様がご自身で探して来られた弁護士さんでも、そのやり取りや解決結果からこちらで良いと思った弁護士さんはその後また別のお客様に紹介させていただくこともあります。

探偵選びも難しいですが、弁護士選びも難しいですよね。
弁護士は基本信用はあるので、探偵ほど難しくは無いでしょうが、弁護士に頼むかどうかも含め、ご自身にあった方法で問題を解決していただければと思います。

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事