サービス内容・料金について

浮気調査をすることによるメリットとデメリット

こんばんは。
毎週火・木・土曜日のブログを担当しております総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。
今日もよろしくお願いします。
 
さて今日は浮気調査をすることによるメリットとデメリットについてお話しようと思います。
まず、浮気調査を考えている方の中で、実際に調査にまで踏み切れずに悩んでいる皆さんのご心配事項=デメリットについて考えてみたいと思います。
 

デメリットについて

1.お金の問題

皆さん一番気になるのがお金のことではないでしょうか。
浮気調査は高額だという印象を持たれている方も多いと思います。
でも、これは探偵社によって大きく違いますし、弊社でも思っていたよりずっと安かったと言われることもあります。
そして、どんな調査をどの程度するかによっても料金は変わってきます。
ただ言えるのは、100万円を超えるような額を最初の相談時に提示された場合、それは相場よりかなり高額だということを知っておいてください。
どのくらいの料金が必要なのか、ご相談時には提示させていただきますので、知っておいても損はないと思います。
 

2.調査が発覚する危険性

調査をしていることがバレるのではないか?
この不安は多くの方が持たれているかもしれません。
しかし、素人探偵やアルバイト探偵を使っている探偵社ならいざしらず、弊社ではまず考えられないことです。
だからといって絶対にバレないかというと、そうは言い切れない場合があるのも事実です。
それはどんな場合かというと、ご依頼者自信が自分で白状してしまうのです。
そんなことってあるの?と驚かれるかもしれません。
例えば調査をして浮気をしている事実を知ってしまうと、その事を問いただしたい、責めたいという気持ちを抑えきれずに言ってしまったり、密会場所がわかると次の密会時に自分で確かめに行ってバレてしまったりといったことがたまにあるのです。
ハッキリと問いただすわけでないにしても、嫌味の一つも言いたくなる気持ちもよくわかります。
当の本人は浮気がバレているとは思っていませんから、普通に仕事をして疲れて帰ってきた様子をアピールしているとします。
そして「今日も忙しくて疲れたよ」なんて言おうものならついつい「その割に顔の色艶がいいよね」とか言っちゃうんですよね。
そんなふとした一言から言い合いになり、売り言葉に買い言葉でうっかり調査のことを言ってしまったり、カマをかけられてつい・・・ということも。
そうなることを回避するためには、自分自身の性格上黙っていられないと思うのなら、調査が終了するまで詳細は聞かないようにしておくなどの対策により回避することは可能だと思います。
 

3.離婚に発展する可能性

浮気調査までしたら、もう離婚しか無いのではないかと危惧されているお話もよく伺います。
そこまでするってことはもう、夫婦間の信頼も全て失ってしまって後は離婚に向けての対策のために調査がある、という考え方ですね。
そういった理由で調査をする方も、もちろんたくさんいらっしゃいますが、そうではなくやり直したいから調査をするという理由の方が実はもっと多かったりするのです。
浮気の事実を認めさせるところから話し合いは始まると言っても過言ではありません。
今後関係を続けていきたいのなら、なおさら不倫関係は解消して貰う必要があるのです。
本人が認めない限り、それをやめさせる事も出来ないということです。
そして、二度とこのようなことは繰り返さないために誓約書を作成する事等も必要になると思います。
まずは、事実を知ることから始めて下さい。
 

4.実際は浮気をしていない可能性

浮気をしていると疑い出すと、全てが怪しく見えてしまいます。
しかし確証は掴めていないということもあります。
疑念はありつつ確証が持てない場合、もし本当は浮気していなかったら…という不安はついてくると思います。
調査して結果がシロだった場合を考えると、罪悪感でいっぱいになるかもしれません。
調査をしても浮気の証拠が出なかった場合、考えられるのは本当に浮気をしていないか、調査した日にたまたま浮気相手と会わなかったかのどちらかです。
実際は後者の可能性のほうが高いのですが、それも経験の豊富な探偵ならおおよその見当はつきます。
浮気をしているかしていないかという判断が調査を通して見えてくるのです。
その為この人、本当に浮気していないな、と感じることもまれではありますが、あります。
私が今この仕事をしてきた経験上ハッキリと言えるのは、もし浮気の事実があるのなら、必ず証拠は取れる!ということです。
調査に対する罪悪感が強すぎると必要以上に浮気をしていなかった場合のことを心配してしまう事もあります。
お話をお伺いして、もう99.9%の確率で浮気しているなと判断できる状況でも、本人はそれを認めることが出来ないのです。
そうなると、確信的な事実をご自身で発見するまで調査に踏み切れないということも。
浮気調査を依頼する方全てが浮気に確信を持っているわけではありません。
しかし、実際に調査をしてみると浮気をしていたという方がほとんどです。
でも、0.1%でも浮気をしていない可能性があるのならそれを信じるという事も出来ます。
そこはご自身がどうすることが一番なのかよく考えて判断していただきたいと思います。
 

5.浮気相手と会う日を特定できない

前述の浮気の事実が判明しない場合の理由として、浮気相手と会うだろうとご依頼者自身が想定した日程が全て間違いだったという事もまれにあります。
それはどういう時に起こるのでしょうか。
まずは、多くを聞きすぎるということが挙げられます。
疑っているのですから色々と自分の疑念を晴らすために聞いてしまうということは仕方ないのかもしれません。
また、無駄な調査をしないためにも情報を収集は不可欠です。
しかし、あまり多くを聞きすぎると疑われていると相手も感じますから、そこをうまくカモフラージュするようになります。
こういった事は、夫の浮気よりも妻の浮気の場合のほうが多いかもしれません。
妻にうまくごまかされて、本当に怪しい日はスルーして、怪しくない日を調査日に選んでしまうのです。
そのような場合は、反対に調査日を決めずに弊社に任せていただければと思います。
ご依頼者様と綿密に情報交換をしながら、こちらでも情報収集をして少しずつ詰めていく方法もありますし、ご依頼者様自身であえて浮気できるような日を作っていただくという方法もあります。
その他にも考えられる手段は色々あります。
ですから調査日を特定出来ないからと言って諦めずに、そこは是非ご相談いただければと思います。
 
以上がざっと考えつく浮気調査のデメリットとその対策でした。
では、浮気調査のメリットとは何でしょうか?
 

メリットについて

1.浮気の証拠を得ることができる

もう、これに尽きると思います。
一体どこの誰とどんなふうに会っているのか。
今までベールに包まれていたものが全て明らかになるのです。
それは間違いなく大きな前進です。
そして、証拠があれば何ができるのでしょうか?それは以下のとおりです。
・離婚理由になる(離婚したい場合)
・相手からの離婚請求が通らなくなる(離婚したくない場合)
・慰謝料請求ができる(離婚してもしなくてもOK)
 
これまで多くの方の調査を受けてきましたが、調査をしたことを後悔しているといった話は聞いたことがありません。
大体皆さん、どんな結果が出ても調査をして良かったと言われます。
それはなぜでしょうか?
人は行動に移さなかったことに対しては後悔をするけれど、行動に移したことに関しては後悔をしにくいという傾向があるそうです。
とりあえず相談だけでもしてみて、その上で自分は調査が必要かどうか判断するというのも行動に移した一つの結果だと思います。
そこで、どうしてもデメリットの方に気持ちが向いてしまうというのであれば調査をしないという選択もありますからね。
 
今日の話は以上です。
とても長い話になりましたが、最後までお付き合い下さりありがとうございました。
 
 
 
 
 
弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント
 

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事