#6探偵業界裏話

調査おもしろ裏話 ー地元探偵のネットワークはバカにできない!ー

こんにちは、月・金を担当させられしまった総合探偵社テラスエージェント代表の岡弥舞です。
いつも弊社の探偵ブログを読んでいただきありがとうございます。
 
 

いままで調査をしていると、どうしても難しい調査に出くわすことがある。

例えば自宅の出入り口が外から確認できない建物なんかは、対象者と相手女性などの出入りが確認できない。

確認出来ないと言うことは撮影できないと言うことになり良い調査結果を得られない。

 

ひと昔前なら、他人の敷地内であっても侵入してカメラを設置し撮影をしていたが、

現在は探偵業法など厳しく法律で縛られているので、違法なことをするとスグ営業停止になってしまう。

そんなご時世のなか、難しい案件に出くわした。
 

相談に来られたのは40代の女性、相談に来た時点で対象者になる旦那は既に警戒度マックスで、

常に周りを警戒しながら行動する状態のため、輪をかけて難易度が上がっていた。

しかも、車やバイクは使用せず徒歩か自転車での行動のみで、田んぼ道やあぜ道を利用し、

何度も振り返り追尾を確かめる状態のため、行き先を突き止めるのは困難な状態だった。

 

とにかく細かく調査をするしかなかったが、繊細に調査を進めて徐々に行き先を追っていった。

そして、やっと突き止めた行き先は浮気相手の女性宅。

しかし、そのアパートは、出入り口がまさしく敷地の裏側だった!

 

周りの一戸建て建物や会社のブロック塀など色々なものから守られている鉄壁の出入り口、

いろんな場所や方向から狙っても、出入り口は完全に囲まれて見えない状態で愕然とした。

 
「ここまで追い詰めてこの状態ってどういうことだ!」って感じ…
 

隣の家の屋根に登っても良いのなら撮影は出来るが、間違いなく不法侵入になり仕事が出来なくなるので諦めるしかなかった。

アレコレ考えているとスタッフから一言

 

えーっと、そのお隣のお家は友達の家です…

 

な、な、なぬー まじかー!!

 

これは偶然なのか奇跡なのか、こんな良い場所に友だちの家があるとは!

早速その友だちに事情を説明し、許可をもらい二階からのぞいてみると、出入り口がバッチリ見えるじゃ無いですか!!

持つべきものは友人!これはスゴイ!って興奮してしまった。

 
しかし、調査のためとは言え四六時中調査員を出入りさせてもらうわけにも行かないので、秘密兵器を駆使して24時間監視できるカメラを作成し、
いつでも出入りが撮れる状態にしたが、ここからの調査も結構長かった…
 

そもそも警戒度が増してる対象者だったため、あまり相手宅に出入りしなくなり、十分な証拠が撮れるまで一ヶ月以上かかってしまった。

雨の日も風の日も24時間監視カメラくんが撮影をし、その映像を時間をかけてスタッフが確認しての繰り返し。

 

1ヶ月が過ぎた頃からやっと対象者の出入りが複数回確認できたため、この調査は終了となった。

 

やはり、この調査結果が出せたのは、地元の探偵社ならではの利点を駆使したおかげだったのでは無いかなと思う。

これが、地元の探偵じゃなければこの様な都合のいい話にはならないだろうし、良い調査結果は出せなかったと思う。

これから調査が必要かもしれないと思っている方がいるのであれば、大小は問わず、まずは地元の調査会社に相談をしてみるのをお勧めしたい。

 

地元だからバレるのが嫌とか、小さい会社だから大丈夫なのか?など考えてしまう方も少なくは無いが、

それ以上に、依頼者にとってメリットはかなりあるので、是非候補に入れてみて欲しいです。

地元探偵のネットワークは馬鹿にできないなと思う調査裏話でした!

 
 
弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事