浮気調査に関すること

あの人に会いたい…その気持にお応えします!

この週末は、またまた人探し調査で関西のとある街まで行ってきました。
人探し調査は浮気調査で手一杯で人員が足りない時などに、普段は事務所から出ることのない私が出張する数少ない機会です。

今回の依頼も、ありとあらゆる手をつくし、なんとか住所まで判明させたため、現地へ訪ねて行ってきました。

閑静な住宅地の中に、お目当ての住居はありました。
しかし、日中にも関わらず雨戸が閉まっており、人の気配がありません。
一応、インターホンを鳴らしてみますが、応答なし。
でもその住宅、荒れ放題かというとそうでは無く、きれいに掃除はされていました。
でも、住んでいる人の気配が感じられないのです。

そこで、近隣住民の方に聞き込みを開始しました。
するとお向かいのお宅の方が言われるには、なんと先月末に引っ越したというではないですか!!
依頼を受けたの自体が今月だったため、なんというタイミングの悪さ…ガーンショックです。

でも、諦めず聞き込みを続けると、行き先を知っているという方に行き着きました。
「住所はわからないけど、場所は説明できるよ。」
ということで、地図で場所を教えてもらったのですが、なんとそこはマンション。
「部屋番までは知らないけれど、町内会長さんなら引越し先の詳細聞いてるかも。」
という情報をいただき、町内会長さんのお宅へ向かいました。
しかし、あいにくお留守。

もうこうなったら一軒ずつ、確認して回るしかない!と決意して5階建で30軒程ある中、表札の出ていないお宅を片っ端から訪ねて回ることにしました。

「ピンポーン」
「・・・」
返事なし。

「ピンポーン」
「はい」
「〇〇さんのお宅でしょうか?」
「違います△△です。」(親切にお名前教えてくれる方もいました)
「すみません、間違えました汗

ずっとその繰り返し・・・
見つからない・・・

この情報、間違ってたのかな?
もしかして、お留守のお宅のうちのどれかだったのかな…
などと、悪い方へ気持ちも向かい始めます。
そして、後残すところ2軒となった時でした。

「ピンポーン」

「・・・」

反応なし?
と諦めかけたところ

「ガチャ」
インターホンで返事があるのでは無く、何故かドアが開いたのです。
そして、ドアから顔を出したのは探している人物と年格好がほど近い人物でした。
そこで恐る恐る訪ねます。
「〇〇さんですか?」

「はい、そうですが。」
「!!!!!」

その瞬間、「うわ〜!やった〜!」と叫んでハグしたいくらい嬉しかったです。
もちろん、そんなことしませんけれど。
でも「良かった〜」と思わず声が出てしまいました。

事情を説明し、個人情報を依頼者に伝える許可をいただき、調査終了。
後は報告書を作成し、依頼者にお伝えするだけです。

訪ねていった相手の方にも、とても喜んでいただけて、
「では、近いうちに連絡があるということですね」
と嬉しそうに言われていました。

この日の関西地方は、天気もよく、とても暑くて暑くてあせる
そんな中、外を歩き回ったため本当はバテバテだったのですが、見つけ出せた嬉しさや、相手の方にも喜んで頂けたこと、そして何より良い仕事ができた充実感でいっぱいになり、疲れも吹き飛んで元気に岡山に戻ってきました。

浮気調査に比べて、人探し調査の案件自体、数は少ないですし、個人情報を扱う以上、内容も厳選する必要があり、どんなご依頼でもお受けできるわけではないのですが(※違法性のないもののみ、対応しています)、今月は3件調査し、なんとか全て本人にたどり着くことができました。

会いたいけれど、どこにいるのかわからない・・・そんな方がいれば、ぜひご相談くださいね。

弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事