離婚に関すること

離婚を急かす夫(妻) その理由とは?!

こんにちは。

お客様からのご相談で、かなりの割合を占めるご相談内容に「夫(妻)から離婚を切り出されている」というものがあります。
これが本当に多いんです。
そしてそんな夫や妻はただ離婚を切り出すだけではなく、非常に離婚を焦っています。

そんな彼らの離婚したい理由はというと
・性格の不一致
・一人になりたい
・自分自身結婚に向かない
・モラハラ
・・・などといったものを挙げてきます。

そして彼らは言うのです。
ずーっと前から言わなかっただけで考えていたことだ、と。

言っている本人は全く気づいていないのかもしれませんが、これにはかなり矛盾があることが多いです。
つい数ヶ月前まで、マンション購入の話を楽しそうにしていたのに何でそんな話になるの?
来年の旅行はどこに行くか、話してたのに…。
来年の春、子供の卒業式には二人で出席しようって話てたはず。

それらはずっと離婚をしたいという気持ちを抱えつつ話す内容では無いはずです。
だからといって、すぐにその矛盾の裏には浮気相手の存在があるという発想には至らないかもしれません。
これまで全く疑ってもいなかった場合、そういう考えに急に至るのは多分無理だと思います。

夫(妻)から言われている離婚に至る不満や欠点が全て根も葉もない事ではなく、少なからず心当たりはあったりすることもあります。
自分自身、反省するべき点も改善するべき点もあるように思えます。
そこで、どうにか離婚だけは避けたいと、一生懸命考え直してもらえるように頼みます。

にもかかわらず、相手の態度は頑なに変わらず離婚したいというばかり。
こちらの言葉に耳を貸しません。
もしくは、一応離婚は保留という形に持っていったものの、また数週間後には再び話をぶり返してきて離婚をしたいといい始めます。

もうどうしたらいいのか途方に暮れて、悩んだ挙げ句友人に相談したり、弁護士に相談したりすると浮気相手の存在を示唆されたという事も多いです。
それでもにわかには信じられません。
まさか、うちの夫(妻)に限ってそんな事は…
信じられないと思いつつ、そういった目で相手を見ていると、不思議とそういう事もまんざら無くもない…もしかしたら浮気をしているのかも…そういえばあの時のあれはおかしかった…あれ?携帯にロックがかかってる…
などと、色々不審な点も見えてきたりします。

それでもまだ確証ではありません。
半信半疑です。
そうこうしていても、夫(妻)は毎日のように離婚をしろ、早くサインしろと離婚届を突きつけて来るのです。

毎日家に帰って夫(妻)と顔を合わすのも苦痛です。
このように精神的に追い詰められてどうにもならなくなり、相談に来られる方も非常に多いです。
そのうち、しびれを切らした夫(妻)は家を出ていってしまったと言われる方もまた多いです。

このように半信半疑で調査に踏み切られることも多いのですが、結果がほぼクロ。
クロもクロ。真っ黒け。
浮気相手の家に入り浸って同棲まで始めちゃってる人もいます。
そこまででなくても、思っている以上に頻繁に密会しています。

離婚をしたいということは、うちの夫(妻)は相手との結婚を考えてるってこと?と思われるかもしれません。
しかしそうばかりでは無いのです。
浮気相手も既婚者で、全く離婚を考えていないこともあります。
では何で?って思われるかもしれませんが、これはただ自由に会える状態になりたいというものが多いです。
自分の行動が結婚によって制限されている環境から一刻も早く脱したい、好きなように行動したいという至って自分勝手で無責任な考えです。
それでも自分自身の中ではこの大人として理解しがたい考えを正当化しています。
だからあんなに強気な発言ができるのです。

その上、今のままだと毎日妻(夫)と顔を合わさなければならない。
そうなると少なからず気まずいし、罪悪感も感じてしまう(決してそれを表面には出さず、ただただ強気なように見えますが)。
それが苦痛だから、一刻も早く一人になって、身軽になりたいという…本当に自分本意。
言われる側の気持ちなんてこれっぽっちも考えていない。
そればかりか反対に、こんなに言っても離婚してもらえない自分は被害者だと感じている人もいるくらいです。

今週報告書を提出した2人のお客様はお二人とも離婚を迫られての調査でした。
お一人は、確信を持っての浮気調査でしたが、もうお一人は半信半疑でした。
しかし、このままでは何も変わらないと思い、調査に踏み切られました。
そして、どちらの調査もしっかりと浮気の証拠を押さえて提出させていただきました。

離婚が成立してから調査を依頼されることも時々実際あります。
離婚して数年が経過していると、もうどうにもならない事もありますが、離婚したばかりならまだチャンスはあります。
もちろん、離婚する前に事実確認をされることが一番いいのですけどね。

相手の言い分に振り回されず、どうか冷静に状況を把握して、どのように対応するのが一番良いのかしっかりと見極めていただきたいと思います。

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事