浮気に関すること

離婚後や別居後に浮気が発覚!

昨日とは打って変わって過ごしやすい今日の気温です。
このまま秋になっていくと良いのですが。

こんにちは。

総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。

今日もよろしくお願いします。

最近多いお問い合わせで、離婚や別居後の配偶者の調査というのがあります。

中でも別居中というのならまだ良いのですが、離婚後というのはちょっと問題があります。
夫婦間であれば、浮気調査の正当性が認められますが、離婚後となるとストーカー行為と言われる可能性も少なからずあるからです。
離婚後すぐなら婚姻中から継続していたと予測することはできますが、そこから数ヶ月から数年経過してしまうと、離婚後にそういう関係になったという言い訳も成り立ちます。
そして、過去の浮気はあとから立証することが非常に難しいのです。
例え婚姻中にただ異性と会っていたという証言が本人や周りの人から得られたり、証拠写真が見つかったとしても不貞行為であると認められるとは限りません。
性的な関係にあったと推測できる写真が出てくればまだ良いのでしょうが、離婚後や別居後にそのような写真が得られること自体が非常に難しいです。

浮気に気づかずに別居や離婚をしてしまう方も多いものです。
でも、突然の別居や離婚宣言の裏には、90%以上の確率で浮気の事実が隠れていると言っても過言ではありません。
どうか、証拠を押さえるタイミングを逃さないでくださいね。

まだ別居中や、離婚後すぐという場合なら、まだ浮気と立証できる可能性も高くなります。
そのあたりの事は弁護士さんの見解やアドバイスなども踏まえて、調査をするべきかどうか考えていかれると良いと思います。
可能性があるなら泣き寝入りせずに、諦めずに、真実をちゃんと追求して現在の状況になった理由を知ることは、今後新しい一歩を踏み出すためにも必要な事かもしれないと私は思います。

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事