#1浮気/不倫調査関連

お前のせいで、オレは浮気をしたんだ!って・・・

やっと少し涼しくなってきましたね。

今日から学校もスタートし、日常が戻ったという方も少なくないと思います。
今年は中学校などは8月から2学期が始まっているとか。
知らなかったので、驚きました。

こんにちは。

総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。

今日もよろしくお願いします。

さて先日の話です。
ご依頼に来られたお客様に尋ねられました。
「夫が浮気をしたと白状したけれど、その原因を作ったのが私自信にあると言われました。
もし、本当に原因が私でも、慰謝料請求できますか??」
この言葉を聞いて、憤りを感じてしまったのはきっと私だけではないはずです。

この夫、何を勝手なこと言ってるんでしょう。
自分の浮気を棚に上げて、奥さんを攻めてきているんです。
でも、こういったことを言う人は本当に多いです。
全体の8割以上の人が浮気がバレた時、それをパートナーのせいにします。
でも、そんなのもちろん理由として通用するはずありません。
どんな原因があろうとも、浮気を正当化する理由になる訳ないんです。

責められて、反省して、心を痛めている方もすごく多いです。
でも、どうか自分を責めないでくださいね。
浮気をすることのほうが、そんな原因よりもずっとずっと悪い事ですから。
浮気をされた方は、本当に心がズタズタに傷つきます。
その上追い打ちをかけるように攻められるなんて、あってはいけないと思います。

浮気をされた以上、配偶者やその浮気相手に慰謝料請求するのは当然の権利です。
悪いのは自分ではなく、浮気をした張本人たちです。
そのことをしっかりと自覚してもらい、償ってほしいです。
いくらお金をもらっても、心に受けた傷は癒えないと思いますが、毅然と立ち向かってこそ自分達がしたことがどういう事だったのか、相手にも知らしめる事ができるのだと思います。
法的にも証拠さえあれば、浮気をした当事者からの離婚請求は却下されます。
相手がいくら逆上して離婚を要求しても通らない話なのです。
これ以上自分を責めたり、つらい気持ちを我慢するのはやめて、持てる権利を最大限使って戦ってほしいと思います。

弁護士に一番選ばれている探偵社

 

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事