浮気に関すること

離婚したいと旦那に言われたら、まず浮気を疑ってみる。

夫や妻から離婚してほしいと言われて相談に来られるお客様は相変わらずとても多いです。
しかも離婚を突きつけられた時点で浮気を疑うならまだいい方です。

こんにちは。

総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。

今日もよろしくお願いします。

そこまで言われてもまだピンと来ないという事もしばしばあるのですから。
自分の夫(妻)に限ってそれはないだろう、もしくはそんな状況であってほしくないという気持ちが浮気の現実を否定してしまう事も有ります。
でも、そのことを友達や弁護士に相談して浮気の可能性を指摘されたという方も少なくありません。

それでもまだ信じられず、悩んでいる方もいます。
そして、夫(妻)が出ていって初めて相談に来られるということも。
でもまだ浮気調査ではなく、居所がわからない夫(妻)の所在調査でのご依頼です。
その所在調査中に、女性の存在が確認できて、浮気調査に切り替えるなんてこともありました。

これは気づくのが遅い例ですが、気づいただけまだまし。
世の中には気づかずに離婚してしまったという人も意外と多いのです。
時々離婚後過去の浮気を証明してほしいと言われることもありますが、そうなるとできることは限られていますし、得られるものは状況証拠程度でしかありません。

離婚をしたくない、浮気をしているなんて信じたくないという気持ちが、どうしても行動を遅らせてしまうという現状もよくわかります。
ただ、離婚を希望しているということは、夫(妻)は本気で浮気相手と一緒になることを考えている可能性が高いです。
まさか自分や子供を捨てることなんてありえないと普通思いますもんね。
もちろん、普通の思考回路を持っているならそんな事するはず無いんです。
浮気をして、のぼせて、思考回路が麻痺してしまっているからそんな事考えているのです。
そんな状態で普通の判断能力はありません。

ではどうすればいいのでしょう。
そんなのぼせた頭を一瞬で素に戻す力があるのが「確かな証拠」です。
中途半端な証拠では、その場限りの言い訳を必死で考え、なんとか切り抜けることしかしません。
こちらも、また浮気を信じたくないという気持ちが少なからずあると、その苦しい言い訳を何故か信じてしまったりするのです。
後で冷静に考えれば、そんな言い訳おかしいに決まってるのに…という後悔の言葉をこれまで何人のお客様から聞いたことか。

「確かな証拠」を突きつけられるまでは自分は何も悪くなく、こういう状態になったのは妻が(夫が)自分を邪険に扱うからだ、家に帰っても自分や子供にガミガミ言ってばかりで落ち着いて過ごす居場所が無いからだ、など全て人のせいにして、自分のしていることを正当化する人がほとんどです。
しかし証拠はそんな甘ったれた言い訳を、全て潰してくれます。
今現在の状況で、誰が正しいのか。
どちらが間違ったことをしているのか。

そこをハッキリさせることで、今の苦しい状況を終わらせることができるのだと思います。

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事