浮気に関すること

夜の夫婦生活と浮気の関連性

こんばんは。

毎週火・木・土曜日のブログを担当しております総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。

今日もよろしくお願いします。

 
パートナーの浮気を確信しきれない理由の一つに、夫婦生活(性交渉)の有無があります。
浮気をしているような気もするけれど、夫婦生活は以前と変わらず行われているから、きっと気のせいだろうというふうに思ってしまうというのです。
実際に浮気問題を抱えているご夫婦はセックスレスといわれる方が多いのも事実。
しかし夫婦生活は今までどおりでありながら浮気もしているということも少なくは無いのです。
 
男性の場合、このようなタイプは結構普通にいます。
年齢はあまり関係ありません。
奥さんのことも、浮気相手のこともどちらも好きだとか言う男性もこれまで幾度となく見てきました。
(でも好きなのはその行為そのものであり、浮気相手は浮気相手と割り切っていることがほとんどです。)
 
こういった人は、妻も離婚は避けたいと思っている事を知ると、浮気相手となかなか別れようとしません。
そうなると困ったもので、離婚されたくない妻側は、強く出ることができなくなります。
 
しかし、多くの方の浮気問題に関わってきて思うのは、妻が腹をくくって行動を起こした途端、慌てて浮気相手と別れて戻ってくるということが非常に多いということです。
どうせ自分と離婚なんてできないだろうと思っているから浮気しているだけで、実際に離婚というものが現実味を帯びてくるとそんなふうにのんきに構えていられなくなるからです。
ただこの場合、喧嘩の度に「離婚する!」とか口で言っているだけでは全然相手はへっちゃらです。
いつも通りの言うだけだということがわかっているからです。
離婚届をもらってきて夫に突きつけた?それで慌てる人もいるかも知れませんが、夫がサインしなければ済む話なのでまだこれでも甘いです。
引っ越しの準備を始めたり、離婚の調停を申し立てる等、本気度を相手にどれだけ示せるかがポイントです。
弁護士に依頼して、そちらから通知してもらうという手もあります。
でも、そこまですると本当に離婚になってしまうのでは…と不安が先に立ち、なかなかこういった行動にまで移すのは勇気のいることです。
多くの男性は妻の優しさに甘えているだけなので、自信を持って強気で行動する事ができればいいのですけれどね。
 
反対に妻の浮気の場合は体だけの関係と割り切った浮気ではなく、気持ちが入りやすいと言われますから、浮気をすると夫との夫婦生活がなくなりがちと認識されているかもしれませんが、そうでない事も稀にあります。
女性も社会に進出してきて、男性的になってきているのかもしれません。
 
もちろん、浮気をやめさせるための行動を起こすのに証拠は必要不可欠です。
証拠が無ければ浮気自体を否定されて終わりますからね。
証拠を押さえた上で、どのように行動を起こせばいいのか。
最後まで一緒に乗り越えて行けたらと思います。
 
 

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事