調査実績

お昼休み45分間だけの浮気。

こんばんは。

今日もよろしくお願いします。

最近は浮気相手に本気になって、離婚まで考えたり家を出ていったりするようなタイプの事を記事にしていましたが、そのような方ばかりではありません。
全く離婚とか考えていない様子で、でもしっかりと浮気はしているといった方も多くおられます。

過去の調査ではこんなことがありました。
依頼者の夫はお休みが不定で、平日に2日程度家にいる日がありました。
その平日のお休みの日、お昼前になるとおもむろに自転車で外出し、そのまま近くの河原の土手へ向かいます。
相手の女性は職場から自分の車でお昼休みになると出てきて(会社の制服姿です)同じ河原へ向かいます。
そこで合流し、女性の車の後部座席に乗り込みそこで行為が行われていたわけです。
平日の真昼間に…です。
車の後部座席にはスモークが貼られているのですが、正面の窓はもちろんクリアです。
しっかりと中の様子も撮影させていただきました。
川の対岸から狙われているなんて、まず思いもしなかったでしょう。

この女性、この後素知らぬ顔して職場に戻り、仕事を続けるのでしょうね。
二人が会うのは、このタイミングだけ。
一緒に食事に行ったり、デートしたり等一切ありません。
相手の女性はアラフォーの独身女性。
見た目はごく地味な事務員タイプでした。
こんな体だけの不毛な関係を続けていることに疑問も不安も抱かないのでしょうか。

そして、夫は全く離婚等考えていないのです。
この夫、過去にも何度か浮気がバレており、依頼者としてはなんとか離婚をしたいと考えているのですが、全く取り合ってくれません。
そこで、今回は決定的な証拠を押さえて、離婚したいと思われ調査をされた次第でした。
こういった場合、よく言われるのが
「本気で相手を好きになったと言うのならまだ、こちらも気持ちの踏ん切りがつくのに…」
という言葉。

でも実際は本気になったらなったで、それはとても許しがたい事でもあります。
でも結局の所、どちらの方が良いとか悪いとか言った問題ではなく、浮気をすること自体、本気でも遊びでも絶対に許せないというのが本音だと思います。

今回の事例では依頼者の方は離婚を希望されていましたが、離婚を希望されない場合も多いです。
夫も離婚を希望していない場合は、きっちりと相手女性に慰謝料を請求して、夫にも浮気をしたらどういうことになるのか自分のしていることを自覚してもらうということが再発防止にも繋がります。
ここで、離婚も辞さないという強い意思を見せられるのは大きな意味がりますからね。

今週ご依頼いただいたお客様も、前回の浮気はお咎め無しで許してしまった事を後悔されていました。
今回はきっちりと証拠をとって、二度とこのようなことがないように対処をする予定です。
浮気の代償は大きいということがきっとわかってもらえると思います。

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事