#6探偵業界裏話

失敗する探偵選び 事務所を確認する

こんにちは、月・金を担当しております、総合探偵社テラスエージェント代表の岡です。

いつも弊社の探偵ブログを読んでいただきありがとうございます。

 
前回の「失敗する探偵選び 格安料金には裏がある」についてどうでしたでしょうか。
今回は探偵社がホームページや広告などで掲載している事務所についてお話しようと思います。
失敗しない探偵社の選び方で注意しなくては駄目なのが「事務所の所在」だと思います。
 

探偵事務所の所在の基本

まず探偵業を開業するときの基本ですが、探偵事務所を開業する際は事務所を設置している所轄の警察署に届出をしなくてはなりません。
もちろん、各都道府県に支店を持つ大手探偵社も各支店の事務所を設置している管轄の警察署ごとに届出を出しています。
これが、探偵事務所を開業するための法律で決められたルールになっています。
なので、ホームページや広告などで事務所の住所が掲示されていない場合は無届の探偵事務所の可能性もあるということなので注意が必要です。
 

探偵事務所の所在を確認すること

事務所の所在が分かる場合は現地に行って本当に探偵事務所があるのか確認してみてください。
探偵事務所というと雑居ビルなどの一室を想像したりしますが、個人でやられている場合は一軒家などで自宅兼事務所としてやられている場合もあります。
自宅兼事務所が悪いわけではありませんが、駆け出しの探偵さんの可能性もあると思うので、よく話を聞いて信用できそうな探偵さんなら大丈夫ではないかなとも思います。
 

相談は事務所でしましょう

事務所の所在が確認できたら相談は出来るだけ事務所で行ってください。
探偵事務所で相談をすると色々な情報が入ってきますので、本当に依頼しても大丈夫なのか、信用できるのかなども含め判断材料になると思います。
 
なかには探偵の方から、事務所では相談ができないので近くの喫茶店やホテルのロビーでと言われる場合もあります。
届出の事務所はあるけど事務所としては使用できず相談が出来るような事務所ではなかったりします。
いわゆる転送用の電話があるだけのような人を呼べるような事務所ではないと思ってください。
 
そんな場合は、なぜ事務所で相談ができないのか詳しく聞いたほうが良いでしょう。
先程もありましたが自宅兼事務所で家族がいるため、相談者を呼ぶ事が出来ない場合もあります。
 
一概に悪いとは言いませんが相談者にとって判断材料が少なくなるのは確実なので注意は必要です。
 
 
 
そして、いちばん重要なのは
調査をお願いした後、何かあった時にすぐ連絡がつき、対応してもらえるのかどうかです。
所在が分からない探偵事務所はもちろんですが、事務所の所在が分かっていても、地元の探偵社ではないとすぐ対応をしてもらえない可能性が高いので注意が必要です。
調査対象者は時と場所など選ばず、容赦なく動くので即座に対応してもらえる探偵社を選ぶように心がけてください。
 
 
 
 
次回も「失敗しない探偵社の選び方」についてお話しをしますのでお楽しみに。
 
 
 
 

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事