#6探偵業界裏話

雨の日の探偵ライダーの苦悩

どうもみなさんこんばんは!

毎週水曜日のブログ担当をしてます、総合探偵社テラスエージェントの新人探偵Kです!( ̄^ ̄)ゞ

 

昨日は雨が降っていましたね。

ただでさえ寒くなってきたのに雨となると尚更寒く感じます

 

昼頃には雨は止んだので調査には問題ありませんでしたが、時には雨が降る中での調査もあります。

一般的なライダーはやはり雨の日は

・マンホールが特に滑る

・視界が悪い

・自分や荷物が濡れる

など様々な理由で苦手だと思います。探偵ライダーはというと…………

 

もちろん同じように苦手です。

雨の日の調査となるとカメラなどの機材を濡らすわけにはいきませんよね。そこらへんの工夫もしながら、やはりバイクなのでレインウェアを着なければいけません。

以前、家を出る時パラパラ程度の雨だったので油断してレインウェアを着ずに調査に行ったことがありました。すぐ降り止んでレインウェアが邪魔になると思ったからです。しかしそのパラパラ雨は降り止むことはなくずっと降り続け、気づけば全身ビチャビチャになっていました……

全身ビチャビチャの格好でそこら辺歩いたり店内などを歩くのは目立ちます体調を崩しかけたりもしました。

この時は本当にレインウェアが荷物になるからなどの理由で油断して持参していなかったことを後悔しました。機材はしっかりと守りきりましたが。

 

バイクは車と違い積載量が少なすぎるのでどうしても荷物に困ってしまいます。雨の日となると普段の荷物に雨対策の荷物が足されるので荷物が増え身動きもしづらくなります

雨の中機材を濡らさないように撮影したり、バイクで移動中も機材を濡らさないようにとなかなか気をつけてます。

以前までは自分は濡れてもいいから、撮影した証拠やデータ等が入っているし、これからも使う大事な機材は守らなければ!

と思っていたのですが、先ほどお話しした全身ビチャビチャになった調査の後には機材だけじゃなく自分自身も少しは守らないとなと思いました。

いくら機材が守れても自分が体調を崩してしまってはその後の調査のクオリティに関わってくる可能性もあるので……体調管理、身体は大事ですね。

「体が資本」この時とても実感しました。

 

探偵に限らずどんな仕事も体が資本。

今年もまたインフルエンザが流行し始め、まだまだ寒い日が続き体調を崩しやすい時期ですが、みなさんお体にはお気をつけください。

 
 
 
 
 
弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事