浮気に関すること

パンツの〇〇で浮気がわかる??〜奥様は名探偵編〜

こんにちは。
毎週火・木・土曜日を担当しております、総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。
 
今日は浮気調査を希望されるお客様からよく伺う、ちょっと不思議な行動についてのお話。
男性、女性に関係なく多くの方が、パートナーの浮気を疑った時に取ってしまう、ある行動があります。
 
 
 
 
それは……
 
 
 
 
 
パンツの匂いを嗅ぐという行為なのです!!
 
このブログを読んでいただいている方の中にも、きっと心当たりのある方がいらっしゃるのではないでしょうか。
何も、恥ずかしいとか思わないで大丈夫ですよ。
本当に多くの方が普通にしている行為です。
さて、それではこの行為によって一体何がわかるのでしょうか??
 
まず、タバコを吸わないのにパンツにタバコの臭いがついていたという事が有ります。
浮気相手が吸っていたのか、ホテルの部屋が相当タバコの臭いの染み付いた部屋だったのか…
その真相はわかりませんが、上に着ているものだけでなく、下着についているという事が問題だと思います。
怪しいと感じてしまう状況ではありますね。
 
次に、恥ずかしい話ですが、精子の匂いがついていたという事もあります。
これは、男性も女性も下着に匂いが付く可能性というのは状況によってはあるのかもしれませんね。
男性の下着の場合は問い詰めたところ、自分でしたという回答が帰ってきたという話も聞いたことが有ります。
そのため、それだけでクロ!という断定はできませんが、女性の場合は…普通の状況ではそんな匂いが付くはずはありませんからね。
そしてこの匂い、一体どのような匂いなのか??というと、ちょっと漂白剤に似たような匂いらしいです。
嗅覚探偵になってぜひ嗅ぎ当ててください。
 
その他、パンツ(下着)については色々と浮気の疑いが湧いてくるエピソードが多くあります。
そもそも多くの人に見られるのは下着の趣味が変わるということ。
男性なら、トランクス派からボクサーパンツになった。
女性は普通の色気のないものから、セクシーな下着を買うようになった。
奥さんがお風呂上がりに用意した下着をつけず、自分で選び直した下着をつけたりといったことも有ります。
 
浮気を疑い始めると、些細な事でも浮気と関連付けて考えてしまい妄想に囚われがちですが、それらが全くの思い違いでは無いことも多く、あながち無視はできないのが事実です。
そして、そういった状況を複合的に判断して浮気をしていると言う結論に至るのですが、悲しいことにいくらこの状況を訴えても浮気の証拠にはならないんですよね。
少ない状況証拠から問い詰めても、きっと何らかの言い訳をして認めることは無いでしょうから、しっかりと押さえた証拠をもとに話し合い、事実を認めてもらった上で今後どうするのか考えていく必要があると思います。
 
考えすぎて、精神的に参ってしまう前に、誰か信用できる周りの人や、弁護士、行政のサービス、そして必要とあれば探偵に相談してみることをお勧めします。
 
 
 
 
 
弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事