#6探偵業界裏話

バツイチ・シングル女性あるある〜浮気をしたがる既婚男性の件〜

私の友人関係は類は友を呼ぶからか、バツあり、なしにかかわらず、シングル女性が非常に多いです。
以前はもちろん既婚女性も多くいました。でも最近は、既婚者の友人いたっけな…?と考えても出てこないくらい、シングルだらけ。
友人のバツイチ化が進んでいます。その理由がほぼ全て夫の浮気なのだから・・・悲しい現実です。
 
その友人たちと子どもからも手が離れた今は、よく食事に行ったりして話をする機会も多いです。
 
そんな中、話題になるのが、やはり皆独身ですから男性の話題になるわけですが、この年になると声をかけてくるのは既婚者ばかり!という嘆きに行き当たります。
どの友人も、口をそろえてそう言うのです。
バツイチだからそうなのかな?と最初は思いましたが、バツなしの友人との会話でも同じ結果。
 
まぁ、一度結婚を経験している女性なら、自分があえて責任を負う必要が無いと感じているのか、後腐れなく関係を持てると勘違いしているのかはわかりません。
でも、40歳もすぎるとバツのない友人までも既婚者ばかりが声をかけてくると嘆いています。
どちらにしても、既婚男性何考えてるんでしょうか?
既婚女性が独身男性に積極的に声をかけてくるという話は私の周りではあまり聞かない気がしますが、どうでしょう?
 
この仕事をしていて、最近は男性女性にかかわらず既婚者で不倫をする人が多いのはわかります。
ただ、あわよくば・・・的な考えで、安易に女性を誘う男性には困ったものです。
特に私は仕事上、そういった既婚男性の背後にいる奥さんの存在をとても考えてしまうので余計憤りを感じてしまうのかもしれません。
たとえ、奥さんとラブラブでなくても、そんなこと夫がしてるって知ったら悲しくなる(=怒る)に決まってます。
なので、そんな話を友人から聞く度にプンプン一人怒ってます(笑)。あ、誘ってくる既婚男性に対してですよ。
 
話は戻りますが、そのような男性の傾向としては、次のようなものがあるようです。
・女性の仕事や子ども関係の話には興味を示さない。
・誘うのは夜の食事や飲みばかり。
・友人関係と複数で会おうと提案しても、二人がいいと強調してくる。
ホント、目的が見え透いていてうんざりだという話でした。
 
自分に本当に興味があって、真剣に誘ってくれているのかな・・・と感じる人は、仕事のことや子どものことに興味を持って話を聞いてくれますし、はじめに誘うのは映画ですとか、休日の日中に会えるような、例え夜だったとしても誠実さを感じる誘い方です。
まぁ、相手も独身であることが大前提ですが。
 
既婚男性の誘いは休日は家族といるため、仕事という言い訳のできる平日の夜ばかり。
お互いの家族の話はしたがらない。
話したとしても、自分の家庭不和ぶりを主張するような内容。
そして、やたらと二人きりで会いたがる。
 
そのような既婚男性の誘いにくれぐれも乗らないように注意してくださいね。
万が一、関係を持ってしまったら妻から慰謝料請求される可能性が十分にあるということも覚えておいてください。
そして、そんなリスクがあることを心に留めた上で、誘いに乗るのかどうか・・・決めてください。
 
まぁ、いい年して誘ってもらえるだけでも有り難いと思えって言う男性からの声も聞こえて来そうで怖いですが(-_-;)
それでも、いくらバツがあっても、おばさんでも、こっちは女一人で一生懸命生きているんです。
みんな、遊び半分で一時の情事を楽しみたいわけでは無いんです。
信頼して、これから一生一緒に歩んでいけるパートナーに出会いたいと思っていますよ。
もちろん、いくつになっても、諦めてなんかいませんからね。
寂しいだろうって勘違いして、遊び半分の関係を結びたがってると勝手に思わないでほしいです。
 
たまに、本気でこちらに興味を持って真剣に誘ってくる既婚男性もいるようですので、その場合女性としては気持ちが揺れるのはわかりますが、やはりリスクはありますよね。
本気であるなら、理想をいえばそういった男女の関係になる前に自身の婚姻関係を精算し、奥さんにはその代償をしっかりとして償ってからにしてほしいと思います。
それが、結婚していながら他の女性を好きになってしまったことに対して自分ができる最大の敬意だと思います。奥さんに対しても、相手女性に対しても。
まぁ、万が一好きな人ができてもその気持は封印して、家族を大切にするという選択のできる人が一番理想的ですが。
 
年令に関係なく、お互いリスクのない恋愛をしていただきたいと心から願うばかりです。
 
 
 
弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント
 

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事