つぶやき

探偵が調査で使用する無線機:新

前回の「探偵が調査で使用する無線機:旧」に続いて、今回は今現在の事情をお話したいと思います。

複数で調査をする時に「トランシーバー」や「デジタル無線機」を使用して連携を取っていたのですが、その「トランシーバー」や「デジタル無線機」って正直使いにくいんです。

なぜ使いにくいのか? それは、シンプルに考えれば分かるように撮影しながら会話ができないの一言です!

ぼくら探偵にとっては決定的な場面に遭遇した時には撮影をするのが当たり前なのですが、対象者の動きによっては、その先の撮影が必要な場合があったり、追跡する必要性もあったりします。
そんな時は急いで仲間に伝えなくては駄目なので、いちいちボタンを押して会話すると言う行為が撮影や追跡に支障が出るからです。

では「ボタンを押しっぱなしはどうか?」と単純に発想出来るのですが、当時の製品では同時通話ができないものがほとんどだったので実用性はなし。もちろん最近では同時通話ができる無線機は出ているようなので解決済みではありますが、また結構なお金をかけて複数台購入はできれば避けたい。

そんな悩みを抱えながら、当時の僕が頭をフル回転させ考えて対応していた方法は、自分名義の携帯(ガラケー)を複数台購入し一番低いプランの金額設定にし、家族割を利用してみんなで使用するでした!

これだと通話料は一切かからないし、古い機種だと機種代金ゼロ円で購入でき、毎月1000円程度での使用料で使えるので最高に嬉しかったが、本当に求めてるものではなかった。

当分このやり方で使用してきたんだけど、3人以上での調査の場合、グループ通話が出来ないのでレスポンスに欠けるってことで、もう一度問題点を解決したく、もっといい方法がないのかみんなで頭をフル回転させパソコンをパチパチ叩いてリサーチしたんです。

すると単純なことだったんですが、発見したんです!

今ならLINEのグループ通話が結構使えることを…(苦笑)

以前にもSkypeやFacebookやLINEのグループ通話を使ってみたことがあるんですが、その頃は音質も悪く、全然使えなかったんだけど今なら結構使えるんです!

2017/09/06現在ではLINEよりFacebookのMessengerの方が通話音質が良く通話中も途切れず聞き取りやすいって感じです。※あくまでも地方での使用感なので地域によっては違うと思います。

あと問題なのは通話にかかるデータ量とバッテリーなんだけど、調べてみるとデータ量は1㌐の使用で約125時間の通話が出来るそうなので、問題なく仕事でも使えるってことで現在使ってます。

更にスマホバッテリーが意外と結構な勢いで減っていく問題があるんだけど、これはポケモンGOのおかげで最近は様々な携帯バッテリーが出回っているので、そちらで対応出来る範囲でした。

こうやって調査でのクオリティを上げるために、ちっちゃいことですが常に皆で考えながら調査を進めています。
もちろんお金をかければある程度のことは出来るだろうけど、その分依頼者から回収しないといけないという形になり調査費用を上げないと駄目になるので、そんなことはやりたくないので皆で知恵を振り絞って頑張ってます!

そんなものよりコレが良いよ!って物があれば教えてくださいね。

弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

岡 弥舞

岡 弥舞

一日でも早く笑顔で過ごせる日を願っています。

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事