浮気に関すること

浮気相手に本気になって離婚を迫る夫(妻)。

こんにちは。

総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。

今日もよろしくお願いします。

 
先日、「どうして人は浮気をするのか?」についての記事で、浮気問題解決に向けてのお話をしましたが、それはあくまでもやり直す道をお互いが選んでいる方の例でした。
 
そうではなく、浮気をしておきながら、相手に本気になってしまい、離婚を迫る相手にはどう対処したら良いのでしょうか。
 
こういった場合は、なかなか冷静な話し合いも何もできません。
こちらが何をどう言おうが「どうしても離婚したい」の一点張りです。
浮気の事実を隠したまま離婚を切り出してくる人がほとんどですが、たまにハッキリと好きな人ができたから離婚してほしいと言う人もいるようです。
でも後者の場合は物事を安易に考えている常識が少し欠けた方や、潤沢にお金があって、慰謝料を少々払ってでも離婚したいと思っている場合が多いですね。
常識が欠けている方の場合は後になって、浮気による離婚についての知識を得た途端(法律で有責配偶者からの離婚請求は認められないという件や慰謝料の事ですね)、急に浮気のことは離婚したいからついた嘘だ!などと言い出したりしますからご注意ください。
 
離婚をしたがっている浮気夫(妻)に対して、こちらの対応はどうでしょうか?
浮気までした相手と今後一緒にいるなんてこちらも嫌だわ!と喜んで離婚に応じる方もおられますが、やはり今後の生活や子供のことを考えると離婚には抵抗を感じてしまう方の方が多いです。
 
離婚もやぶさかでないというのなら、浮気の証拠だけはしっかり抑えた後、慰謝料請求をして離婚に持っていくだけなので、話は早いです。
しかし、問題なのは後者の離婚したくない方です。
相手は離婚したがっているのに、こちらは離婚したくないとなると、相手の顔色を伺うようになります。
これ以上嫌われないように、離婚されないように。
これまでに聞いたお客様からの話では、離婚が嫌なら浮気は自由にさせろなどと、おかしなことを言い出す夫もいました。
そうなると立場は完全に浮気をしている方が上です。
こちらとしては、浮気をされたという事実だけでも辛いのに、その事を責めることもできないというジレンマと向き合わなければなりません。
 
それでも、自分が悪いところがあるのなら治すから、どうか離婚はしないでほしいとお願いする日々。
相手は、どんどんつけあがっていきます。
 
このようなケースでは、一体どうしたら良いのでしょうか?
 
難しいとは思いますが、ここは一旦肚をくくって、いざとなったら離婚も辞さないという強い気持ちが必要だと私は思います。
そもそも大きな理由もなく(というか、たいてい性格の不一致などのを理由としているとは思いますが…)、そんなことで離婚を迫ること自体不自然であり、そこには裏の理由「浮気」という事実が隠されていることがほとんどです。
どこの家庭でも、結婚してからある程度年数が経ってくるとお互いの悪いところばかり目についてきますし不満が無いことのほうが少ないくらいです。
それでも、それは離婚するほどの理由でしょうか?
そんなの絶対におかしいのです。
まずはそのことに気づいてください。
 
そこで、事実確認が必要となります。
携帯電話のLINEや通話履歴から浮気を確信される方が多いですが、ロックがかかっていたり、本人の警戒が強くてそういうのが見れない事もありますよね。
ある程度の確認ができれば、思い切ってそこからは探偵に頼んでしっかりと証拠を押さえる選択もし易いですが、確証が無い状況でお金をかけて浮気調査をするのは勇気がいると思います。
調査に踏み切れない理由としては、浮気をしている事実を信じたくないという気持ちが隠されていることもあります。
 
でも、このまま放置しておいては問題は解決しないどころがどんどん悪い方向へ向かってしまいかねません。
確証が無いと言われながらもご相談に来られてお話をお伺いしていると、携帯こそは見れていなくても、これまでの経験や客観的に判断してそれは間違いなく浮気しています!といえる事例はよくあります。
そこはやはり証拠を取るという勇気を出していただきたいところでもあります。
 
そして、しっかりとした証拠を押さえた後に、その事を夫(妻)に伝えるのです。
 
浮気の事実を全てこちらは把握していること。
浮気相手も誰かわかっていること。
いざとなったら出るところに出て決着をつけるつもりもある…ということを。
 
すると、あんなに離婚だ別居だと騒いでいたのが嘘のように、急に折れて別人のように態度が急変することも少なく無いんですよ。
 
そうは言っても、うちの旦那(妻)は絶対折れない、プライドが高くて言い出したことを簡単に曲げるようなタイプでは無い!と皆さん言われますが、そんな方ほど、意外と簡単に堕ちる傾向にあるようにも思います。
 
そう言っても、人の取る行動に100%の予測を立てることはできません。
不安と戦いながら、このまま放置してし続けますか??
 
私的には一番許せないと思うのがこういうタイプ(浮気を隠して離婚を切り出すタイプ)の浮気夫(妻)です。
そして、一番調査が必要だと思うのも実はこういった方なんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
弁護士に一番選ばれている探偵社
 
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事