浮気調査に関すること

浮気現場に乗り込む!

浮気現場への乗り込みをする事は時々あります。

 

修羅場になる事も多いですし、乗り込むご本人にとって精神的に大きな負担となりますので、良いとも悪いとも言い難いのですが、時と場合によってはとても効果的なのも事実です。
メリットとしては、まず不倫をしている当事者たちへ精神的に大きなダメージを与える事ができます。
溜飲が下がるというか、報復としてはかなり有効だと思います。
しかし、そのダメージを受けて、平謝りするタイプだと良いのですが、逆切れするタイプもいるわけで。
逆ギレしたところで不倫している側の分が悪いのは明らかですが、理屈にもならないことを並べて揉めてしまうなんてこともあるものです。
 

 

乗り込みを考えるにおいて、1番重要なのは、今後の事です。
離婚を決断しているのか、やり直したいと思っているのか。
やり直しを希望しているなら、例外はありますが、基本的に乗り込みはお勧めしません。
そして、離婚を考えている場合もただ闇雲に乗り込めば良いわけではなく、今後の方向性を踏まえてしっかりと準備をし、それから実行という事になるのです。
準備としてまず必要なのは、それまでにしっかりと証拠を固めておく事。
証拠不十分な状態で乗り込んでしまうと、後になって追加で証拠が必要となった場合、1度バレたと本人たちが自覚してしまうわけですから警戒度が非常に高まり、なかなか証拠をつかむ事が出来なくなります。
追加で証拠が必要な場合というのは、今ある証拠を提示したところ、言い逃れされてしまう事です。
実際、ほとんどの方は言い逃れします。
例えば、1回しかホテルの出入りの証拠を抑えていない場合は言い訳が通用してしまうこともしばしば有ります。
その言い訳もほぼみなさん決まって同じです。
「人に聞かれないような場所で相談したかったからラブホテルを利用した」
・・・
普通に考えて、あり得ないと思います。非常識過ぎます。
でも、証拠が一回しか取れていなと、残念なことに通用してしまうこともあるんです。
せめて3回以上、回数が多くなればなるほど言い訳は通用しにくくなりますから、しっかりと予め調査が必要となるわけです。
単にホテルの出入り以外にも、手を繋いでいるところや車の中でキスをしている映像が取れていれば、それ単独では証拠能力の低いものでも、ホテルの出入りと合わせると強力な証拠となる可能性もあります。
そのようにしっかりした証拠を固めた上で、乗り込みは実行に移すべきなのですが、実はこれだけではまだまだ足りません。
他にも、準備しておくべきことはたくさんあるんです。
有効に乗り込みを実行するノウハウなんて、本当に場数を踏んだ探偵しか持ち得ないものです。
すべての人に有効な手段では決してありませんし、素人判断で実行に移すのはリスクも高いです。
もし、乗り込みをお考えでしたら、一度経験豊富な探偵に相談することをおすすめします。
弊所でも、ご依頼いただいたお客様にはご意向や、状況をよくお伺いした上で、調査結果を元に適切なアドバイスをさせていただいております。
ぜひ一度ご相談ください。
平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事