夫婦関係のこと

パートナーの態度に一喜一憂する私。ー探偵 岡山ー

お客様から受ける相談の中には調査に関すること以外にも、メンタル的なこともあります。

photo:01
写真中央の白い建物「千代田生命岡山ビル」5階に当探偵事務所はございます。
右側にある高層ビルは「両備ツインタワーマンション」。
桃太郎大通り沿い、柳川電停からすぐです。

先日奥さんの浮気でご相談に来られたSさん。
奥さんの態度がそっけなく、怪しい行動も見られるということでした。
そのため、Sさん自身奥さんに対して厳しい態度しかとれなくなってしまったとのこと。
夫婦というのは『自分自身を移す鏡』とよく言われます。
パートナーの態度に不満がある場合は、まず自分の接し方を振り返って見てください。
思い当たることがあるのではないでしょうか。
Sさんはそのことに自分自身で気づかれました。
そこで、態度を意識的に変えて奥さんにとても優しく接するように心がけてみたそうです。
相手に変わって欲しければ、まず自分からとよく言いますしね。
でも、そうして頑張っているのに全く奥さんの態度に変化は見られないと言うのです。
もう、どうしていいかわからないし、精神的にも辛い…と。
そうですよね。自分も相手にたくさん不満を感じているのにもかかわらず、こちらから折れて、頑張って優しく接していたのです。
なのに何も変化が無ければ心が折れてしまうのもわかります。
ここで、問題だったのは何だと思いますか?
その答えは、自分を変えるということにおいて、変える部分が間違っていたのかもしれません。

自分は悪くないのに…という不満を心に持ったまま、それを押し殺して無理をしていたということです。
それでは全然自分自身楽しくないですし、幸せでも無いですよね。
Sさんは大切な家族と、もっと楽しく毎日を過ごしたい、という思いで夫婦関係の改善を望まれているのです。
言ってみれば、自分自身が幸せにならないと意味が無いのです。
主役は自分自身なんですから。
でも、この方法では相手が変わってくれない限り幸せにはなれません。
自分の幸福が全て相手の態度によって支配されてしまうのです。

奥様を今でも大切に思っておられることもよく伝わってくる、とても優しいご主人なんです。
その、ご自分を今度は主役にしてあげて欲しとお伝えしました。
奥さんばかりに向いている自分の気持ちをを変えること。
自分自身が楽しいと感じる事を見つけて、毎日を楽しく過ごせるよう、気持ちを持って行って見るのです。
そういう方向に自分自身を変えることができたら、何かが動き出すはずです。
現実は、自分の気持ちに後からついてくるものです。
しんどい思いをして自分を変えても、いい方向にはなかなか向かっては行きません。
まずは、自分が心から楽しくなることを見つけてください。
何でもいいのです。
小さなことでも、短い時間でも、何かあるはずです。
そのことを、お伝えしたところ、帰られる時には来られた時よりずっと明るい表情になっておられました。

調査をすることによる安心感と、これから何かが変わるという希望を持たれたからです。
頭では十分わかっていても、実際に行動することは難しいこともあります。
その場では明るい気持ちになっても、家に帰るとまた沈んでしまうということもあります。
そんな時には、身近な人にとにかく話をすること。
話すだけで、心はだいぶん楽になるものです。
身近に話せる相手がいない時は、ぜひ私たちに相談してみてくださいね。
きっと今の状況を変える何かが見つかります。

総合探偵社テラスエージェント(旧:岡弥舞探偵事務所)はただ調査をするだけではなく、メンタル面でのサポートも行っております。現在の状況から改善をするカギを見つけるためにも、ぜひ一度ご相談ください。

案内

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事