調査実績

妻の浮気−最近多いパターンは…

今年の上半期は全体的に男性(夫)側からの依頼が多かったです。
現在は女性(妻)側からの依頼が大多数を占め、通常に戻った感じですが、一体岡山の女性に何が起こっていたのでしょうね。
 
そんな浮気する女性を多く見てきた上半期でしたが、その内容が今までとは少し違っていたので、驚きました。
弁護士さんからも、その傾向が本当に強いので是非ブログの記事にしたら?とアドバイスいただいたほど(笑)
 
その内容というのは浮気相手として複数の男性が発覚!というもの。
 
今までにも、夫が複数の女性と関係を持っているというパターンは何度もありました。
広く浅く浮気する男性と、一人の男性にのめり込む女性というイメージです。
あくまでも浮気と割りきって遊ぶ男性とは対照的に、浮気が本気になる女性。
そんなイメージが私には少なからずありました。
もちろん例外もありますが。
 
今年前半に調査した女性たちは、浮気はしていても離婚はしたくないと強く思っている方が多かったです。
それでも、日々の刺激が欲しいからか男性との密会を繰り返していたのです。
 
見た目もごく普通。
派手でもなく、品も良い感じです。
家では普通に家事や子どもの世話もして、普段の会話にも離婚のリの字も出ません。
つまり、相手の男性にそれほどのめり込んでいるわではなく、割りきって付き合っている。
だから、他の複数の男性とも流れによっては関係を持ってしまう。
 
これって、男性的な浮気の仕方のように感じるのは私だけでしょうか?!
 
反対に、男性の浮気を見てみると、のめり込んでしまい離婚を迫ったりしている。
もしかして男性が女性化し、女性が男性化している?!
 
でも、男性は性格的にまじめな人ほど浮気相手にのめり込んでいように思います。
それまでは、本当に真面目で、仕事熱心で、良い夫、良い父親だった人がそうなってしまうんです。
反対にうちのダンナは遊び人でチャラい、ってタイプの夫は離婚とか全く考えずに浮気していることが多い。
 
どんなタイプにも例外は有りますから、断言はできないのですが。
 
でも、このところの平気な顔して浮気をしている女性たちを見ると、とても複雑な気持ちになってしまいます。
あまり深く考えてないのかもしれませんが、その浮気という行為はパートナーを深く傷つけ、修復するのは本当に難しいものです。
家族が大事だから離婚はしたくないというのなら、浮気は絶対許されないと思います。

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事