#6探偵業界裏話

親の離婚が与える子どもへの影響は…   ー探偵 岡山ー


私事ですが、この前の日曜日長男が成人式を迎えました。

 

成人式

20年という歳月は長いようで本当にあっという間でした。
子どもたちには親の離婚という、できれば経験させたくない苦労もさせてしまい、そのことに対する負い目は少なからずあります。
そのことが、子どもが成長する上での人格形成に与えた影響もきっとあると思います


子どもが男の子2人ということもあり、父親のいない家庭で育てることへの不安もありました。
きっと、思春期になると「クソババア!」と言って殴りかかられるわ~

などと思っていましたし…(笑)でも、実際は全くそんなこともなく二人共すごくフツーに真面目に成長しています。
夫婦そろった家庭で育った私や弟の思春期よりもずーっと真面目で笑っちゃいます。
『案ずるより産むが易し』といったところでしょうか。
私自身の勝手な解釈ですが、やはり子どもは親が笑っている方が嬉しいんだと思います。
離婚せずに子どものために、夫婦生活を続けることも一つの選択で、もちろん間違いではないですが、離婚が間違っている事だとも思いません。
相手と心からやり直すのではなく、仮面夫婦を続けるくらいなら、離婚という選択肢を考えてみても良いのかな…とも思います。
 
間違っても離婚をお勧めしている訳では無いですよ!
それは、片親だと大変なこともたくさんあります。
許すつもりはなくても、数年月日が流れるうちに怒りも薄れていったりします。
私も元夫の最初の浮気の時はそうでした。
色々あったけど、まぁ今が幸せならいっか…と感じ始めていた矢先にまた…💧

でも、実際に離婚をする時は親や親戚から猛反対されました。
「子供のことを一番に考えたら離婚なんてしないはず!」
「自分のことしか考えてない!」
ここには書けないような事もいっぱい言われ、もう人間性を否定されまくり(笑)
それでも、離婚という選択肢を私は選んだのですが、それでどうだったかというと私は大正解だったと思っています。
今考えると、私自身未熟で、幼稚で、反省する面の多い結婚生活でした。
でも、そのまま離婚せずにいたらそのことにも気づかず、全て悪いのは元夫だと決めつけていたと思います。
離婚理由は元夫の浮気ですが、どうしてそうなったかなんて考えもせず、相手を攻めるばかりの日々でした。
今は、なるようにしてなった結果だったと思っています。
 
子どもにとっては、すごく辛い経験だったと思います。
でも、今のところそんなに悪い影響を与えたと感じれるようなことは全くありません。

そして、私のこの経験は今の職業に生かされているわけで。
仕事柄お子さんを抱えて、シングルマザーやシングルファーザーとしてこれから生きていく選択をされる方にも多くお会いします。
全く不安なく離婚される方などいません。
そんな、みなさんにちょっとだけ先輩としてエールを贈れるのも、これまでの経験があったから。
全て、無駄なこと無く回っていることに驚きを感じるとともに、子どもの成長と合わせ心から嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいの成人式でした。
平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事