夫婦関係のこと

浮気―『ごめんなさい』に秘められた想いは…

皆さんはケンカをしたりミスをしてしまった時、自分から謝っていますか?
photo:01

当社のマスコット探偵 「おかたん」

「完全に自分が悪いと思った時は謝るけど…」
「負けを認めるみたいで謝れない」
「ケンカを長引かせたくないから、すぐに謝っちゃう!」
色んな意見があると思います。
でも、「絶対に謝れない」という人って意外と多いのでは無いでしょうか。
そんな人をみると、全然反省してないんじゃないかとか、意地っ張りだとか思われがちです。
本当にそうでしょうか。
実は、謝ることができない人には「謝るくらいで自分の罪が許されるはずがない」といった心理が隠れている事があるんです。
つまり、罪の意識が重すぎるんですね。
謝れないから逆ギレしてしまうということも有ります。
人は、謝って許してもらえると思えることは意外と簡単に謝ることが出来るんです。
そう考えると、謝れない人への見方が少し変わってきますよね。
弊社がよく扱う事例としては、浮気発覚後のケンカの場合。
すぐに謝る人の中には全く罪の意識の無い場合があります。
誤解の無いようにしていただきたいのですが、もちろん、本当に心から謝る人もいるんですよ!
でも、その二者の間には大きな感覚の違いがあるので、誤り方ですぐに判断できます。
ですから、「あの時の謝罪は言葉だけだったのか!」などと思わないでくださいね。
そして、知っておいてもらいたいのが反対に浮気をしたのに全く謝らないからと言って悪いと思っていないという訳ではないということ。
罪の意識が重すぎて謝れないのかもしれないのです。
そして、その重厚に耐えかねて逆ギレしてしまうということも。
浮気された方は、『あらそうなの?なら仕方ないね』とは行きませんけどね…
昨年から月に一度、心理学やカウンセリングの勉強に関西へ通っています。
そこで、得た知識で私自身目からウロコの事実でした!
今年の目標として、自分の知り得た知識をなるべくブログにアップしていくようにしたいと思っています。
どうぞ、よろしくお願いします。

案内

 

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事