浮気に関すること

道端アンジェリカさんの事件から見えてくること

こんにちは。

総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。

先日の道端アンジェリカさんの事件、みなさんもご存知ですよね。
アンジェリカさんの夫が知人の男性から現金35万円を脅し取った恐喝の疑いで逮捕され、その後アンジェリカさん自身も書類送検されたというものです。
この事件、そもそもの経緯はアンジェリカさんが知人の男性と身体を密着させ飲酒していた事を夫が疑い、その事で彼女の夫が相手の男性を攻めた結果の出来事とのこと。

このことから推測すると、彼女の浮気(不貞)を疑った夫が逆上し、お相手の男性に直接詰め寄った結果の出来事であることが想像されます。

このように配偶者の不貞に際して、当事者同士で話し合いをするということは非常によくあることと思います。
ただ、それがこのような事件に至る可能性を秘めているということは知っておいてくださいね。

私達もこれまで多くのお客様と接してきた中で、浮気調査で証拠を得た後は自分で浮気相手の人物と交渉すると言われる方ももちろん多くいらっしゃいました。
そういった時は必ず、不用意に金銭を要求しては反対に脅迫とみなされる危険性があることをお客様には十分説明するようにしています。

浮気問題で傷ついたのに、更に自分自身が犯罪者になるなんて、不条理にも程があります。

では、どのように対処するのが一番良いのでしょうか。

私が思うには、まず弁護士に相談をするという事をしておくべきです。
相談して、依頼するかどうかは後の問題です。
まず相談して、自分が法的に不倫相手に対してどのような事ができる権利を持っているのか正確に把握することです。
その上で、ではそれをどのような手段で実行するべきか冷静に考える必要があると思います。

例えば、慰謝料請求をするにあたって、急にお仕掛けて行って会社や家庭にバラされたくなければ金を払うよう要求するのは脅迫として受け止められてもおかしくありません。

確かにこのような不倫問題に際し、被害者と言えるのは浮気された側であり、心には大きなダメージを受けています。
だからといって、被害者なら何をしても許される世の中では無いという事も認識しておいてくださいね。
これ以上、つらい思いをしないためにも、自分の正当性は必ず守ってください。

もちろん弊社においては調査後どのように不倫相手と交渉するかもアドバイスしております。
弁護士を立てない場合もどのようなことに注意して話をすすめるか、詳しく何度でもお話させていただいております。

今回のアンジェリカさんの件は、浮気の事実がまだ疑いの段階で相手を責めているように思います。
そのため、問題は更に悪い方へと向かってしまったのです。
まず、事実確認。それには証拠が必要ということ。
その証拠をきちんと得てから、法律に基づいて、きちんとした正当性を持って対処するという事が重要なのです。

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事