浮気に関すること

浮気されてもやり直すという選択

こんばんは。

毎週火・木・土曜日のブログを担当しております総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。

今日もよろしくお願いします。

 
ちょっと更新に間が空いてしまいました。
いつもブログ更新の日にチェックしてくださっているお客様のお顔が目に浮かびます。
すみませんm(_ _)m
 
昨年調査終了したお客様と久しぶりに所長がお話する機会があったのですが、ブログが更新されないと指摘されてしまいました。。。
そのお客様は浮気問題を乗り越え、再び夫婦関係再構築されています。
そんな中、こんなにも長く読んでくださっていることがとても嬉しくて感動しました。
今の所、普通に日々を過ごされているということで、安心しました。
このまま今回の出来事も辛い傷も時間と共に癒えてお二人の関係がさらに良くなることを祈るばかりです。
しかし浮気相手から支払われた慰謝料の使いみちもまだ決まっていないとか。
思い出に残らないもので、何か良い使い道を見つけていただきたいものです。
 
さてこのお客様、調査中、調査後通してとても我慢強い方でした。
浮気の事実を確信しても一切その事を表に出さず、調査終了してその後弁護士ともしっかりと相談して方向性が決まるまで何も言わず、ずっと我慢し続けたのです。
しかも、ホテルに行くのは月に1度あるかないか。
その上、会う日の特定も難しいという状況。
一回の証拠ではどうしても相手が反論してきた場合に弱いので、複数回の証拠を押さえるために我慢すること5ヶ月間。
その後も弁護士相談や計画をしっかりと練っていった期間も入れるともっと長い期間黙ってひたすら耐えられた事になります。
 
私達はどうしても、浮気の事実を知ってしまうと不安になりますし、怒りもや悲しみも出てきます。
相手の気持ちを確かめたくてチクチク突いてみたり、調査により真実がわかると嫌味の一つも言いたくなるのが人間というもの。
そこを我慢して、我慢して、我慢して…最終的に一気に追い打ちをかけたのでした。
 
しかしその甲斐はしっかりとあって、ご自身の思うように事を進める事ができました。
素晴らしい弁護士さんとの出会いもあり、準備をしっかりとして行動に移すことができたのも良かったのですが、なんと言ってもこのお客様のすごさはその後の事です。
二人きりで話し合いをする機会を作り、浮気の事実を全て知っている事を告げ、そして浮気相手には慰謝料を請求することも伝えました。
そしてその場で二人で話し合い、やり直すという意思をお互い確認した後は現在に至るまで一切その話には触れていないというのです。
 
この何も言わない、責めない、という行為は本当に凄いことだと思います。
自分が悪いことをしたわけでは無いのに、すごく傷ついてつらい思いをしたのですから責めたい気持ちも十分にあるはずです。
でも、全くその事に触れずに過ごせるというのは、絶対に家族を守るという強い目的があるからこそできることなのかもしれないですね。
迷いがあるとなかなかこのようには行きません。
 
やり直す道を選ばれるということは、相手を許す事と、再び相手を信じるという2つの大きな課題が生じます。
それができないと、またいずれ夫婦間に問題が生じる可能性が高くなるからです。
でも、今回のお話のような事ができる方は殆どいないと言っていいでしょう。
自分にはとても真似できないからやり直すことなんて無理と決めつけるのはまだ早いです。
 
今すぐに許せなくて、信じることなんか到底できなくて当たり前。
相手のことも、責めて怒って泣いて当たり前。
気持ちを吐き出すことも前に進むために時には必要です。
でも、絶対に許さないと固く心に誓うのではなく、いつか許せる時、信じられる時が来ることを願う気持ちが少しでもあれば、今はそれで十分ではないでしょうか。
 
さてそんな状況の中、このお客様は今でも私の拙いブログも読んでくださっているとの事で、とても嬉しいです。
でも、いつまでも読んでくださっているというのはこの浮気という出来事をまだ忘れてはいない、過去のことにはなっていないという証拠でもあります。
いつか読むのを忘れて、ふと気づくと「あれ?最近読むの忘れてる…」という時もきっとやって来ることと思います。
そのときは、この出来事が少し過去になりつつあるのだという事。
一歩一歩前へ進めている自分自身を褒めてあげてくださいね。
皆さんの問題が一日も早く本当の意味で解決し、楽になれることを祈ってます。
 
 

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事