浮気に関すること

浮気をしている人の家での態度は…?

こんにちは。
毎週火・木・土曜日のブログを担当しております総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。
今日もよろしくお願いします。
 
浮気をしている人は、家庭でどのような態度で過ごしていると思いますか?
もちろん、これにも様々なパターンが有るわけですが、一番多いのはとにかくいつも不機嫌であるという事が挙げられます。
些細なことですぐにキレたり、常にイライラしているのです。
何かにつけて、こちらの悪いところばかり目につくのか、文句も多くなります。
反対に、いつもムスッとして黙っているという事もあります。
 
そして、その中でも最悪なタイプはそのうち離婚を切り出して来るというものです。
何かと文句を言われたり、不機嫌な態度をとられると喧嘩にもなりやすいですよね。
それで喧嘩になろうものなら、待ってましたとばかりに離婚話を切り出してくる…本当に最低としか言いようがありません。
そこに異性の影を感じていた場合、その事を持ち出すと更にキレて早急に離婚を迫られるということも。
 
やってられません…。
 
「お前にはもう愛情は無い」
 
このセリフもよく聞きます。
それはこっちも無いけれど、家族でしょう。その責任はどう思っているの?と問いただしたくなります。
 
それでも生活や子供さんのことを考えると離婚は避けたいと思ってしまう方も多いです。
その結果、機嫌を取りながら顔色を伺い生活をするという状態になってしまいます。
これでは心身ともに疲れ切ってしまいます。
 
次に離婚は全く言い出さないけれど態度のみ横柄になっているという場合。
世間体や仕事上離婚はできないという考えの持ち主である場合と、浮気相手も既婚者で自分が離婚したからと言って一緒になれるわけでもない場合はこのタイプが多いかもしれません。
その場合、こちらが覚悟を持って離婚を切り出すと、あっさり折れるというのも特徴ですね。
まぁ、離婚を切り出してきているからと言って、浮気の事実を突きつけると今までの傍若無人な態度から急変するというケースを今まで何度も見てきました。
 
離婚を切り出されている状態で、こちらが強気に出ると相手は更に逆上するのではないかと心配されるのも無理はありません。
しかし、離婚を言い出している人が離婚理由に挙げているのはあくまでもその原因を作ったのは自分ではなく相手にあるというところです。
だから自分は悪くない、悪いのはお前だと言わんばかりです。
その大前提を覆すということ、つまり浮気の証拠を突きつけるというのは、100%浮気をしている本人のせいで離婚しようとしている事実を証明することになるのです。
 
自分は悪くないけど相手が悪いから離婚になるはずが、自分が離婚理由を作った張本人になるということが与える影響は計り知れません。
人はそこまで悪者になりきれないという性質が有るのだと思います。
浮気がバレていて、それが確実に証明されるとなるとほとんどのケースで離婚は撤回。
パワーバランスが逆転します。
それがわかっていれば皆さん安心して強気で証拠を押さえて対応しますよね。
絶対という保証が無いから皆さん悩まれるのだと思います。
人の行動に絶対ということはありませんから仕方のないことだとは思います。
 
ただ、ここで注意しなければならないのは、言い訳のできる証拠では意味がないということです。
LINEのやりとりや、財布の中のレシートなどの証拠では、普通では通用しないようなおかしな言い訳を並べてその場をつくろうという結果になるからです。
その言い訳だけでも面白い本ができそうなくらい、皆さん色んな言い訳を出してきます。
冷静に考えるとそんなの絶対に不自然な言い訳なのに、浮気をしていてほしくないという気持ちが判断に影響し、その場ではなぜか信じてしまいうということが非常に多いです。
そこは、しっかりと証拠を固めてから話をする必要が有ります。
 
一度あやふやな証拠で詰め寄ってしまい失敗したという場合でも、次はしっかりとした証拠を押さえて話をしてみてくださいね。
 
今日は不機嫌な態度のケースについてお話しました。
この他に、全くこれまでと変化は無い、またはムラがある、反対にやけにご機嫌を取ってくると言ったタイプもあります。
それについては詳しくまたお話したいと思います。
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
 
弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント
 

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事