夫婦関係のこと

産後クライシス→→→浮気の種になることも?!

クリスマスも終わり、いよいよ年末差し迫ってきていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
今日明日あたりが仕事納めという企業も多いことと思います。
弊社では今週に至っても、連日新規の調査をいただき有り難いことに忙しい年末を過ごしております。
また、それに伴い続々と調査終了も続いておりますので報告書の作成・提出にも追われている状態です。
調査終了したお客様、急いで報告書完成させますので今しばらくお待ちくださいね。

今日、朝日新聞デジタルの有料記事で『産後クライシス』の事が書いてありました。
産後急速に夫に対する愛情を失う状態を指しますが、この度岡大のグループがまとめた結果によると、出産の経験をした女性の約半数が経験しているということでした。
産後の体調や生活環境の変化、ホルモンバランスの関係など生理的な要因もありますが、夫の育児や家事への関わりも大きく関係している様です。
ただ単に、誰もが通る道と聞き流していると後悔することになるかもしれません。

ここでできてしまった夫婦の溝って修復が簡単では無いからです。
そこから浮気問題の発生する原因も生まれることが多いのではないかと個人的には思っています。
以前にも書きましたが、これでは「子は鎹(かすがい)」じゃなくなってしまいますよね。
もっと家事や育児を手伝って欲しい、こんなに毎日大変なのに夫は帰っても自分のことすら何もしない、手伝いなんてもってのほか、なんて状態だともちろん妻のイライラも募りますが、反対に積極的に関わってくる気持ちの有る夫に対しても、自分が望む対応と違うというだけでまたストレスに感じてしまったりするものです。
やはり、これを解消するには夫婦のコミュニケーションですよね。
敢えて言わなくても、少し考えればわかるだろう…と考えるのではなく、気持ちは伝える。
やはり夫婦といえど他人です。
ものの感じ方、考え方は男女差もあり違って当然。
そのあたりも理解してコミュニケーションが取れれば理想です。

それでもこのブログを読まれている皆さんは、もうそんな時期はとっくに通過して浮気問題に発展してしまっている状況の方が多いですよね。
過去は変えられませんから、これからのことを考えなければなりません。
今の状況からどのように改善していくか。
浮気をやめさせて、もう一度夫婦としてやり直すのか。
それとも夫婦関係はリセットして新しい人生を歩むのか。
新しい年を前に、今一度来年に向けての自分を思い描いて見ていただければと思います。
不安もあると思いますが、まずは行動です。
自分が動くことによって、周りも少しずつ変化してきます。
弊社は年末は大晦日まで営業しておりますし、電話対応はお正月も受け付けております。
何か行動に移すきっかけになればと思います。

弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事