浮気に関すること

離婚したくないから、浮気調査をするという選択。

こんばんは。
毎週火・木・土曜日のブログを担当しております総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。
今日もよろしくお願いします。
 
昨日、お客様とお話をしていて思いました。
夫婦の不倫問題に直面している方は、今後離婚をするというハッキリとした目標がある場合以外はとても不安なんですよね。
もちろん離婚を決意していても、相手がそれを認めてくれるかどうかわからないという不安はありますが、不貞の証拠があれば離婚理由になりますし、認めないと言っても別居するなど、夫婦関係を解消する手段はあります。
しかし、反対に離婚したくない場合はどうなるかわからないため本当に不安だと思います。
自分の望みどおりにいかない可能性を考えてしまうからです。
相手の出方によってそれは左右されてしまうのですから。
 
そのため、浮気をしているのが分かっていながらその事を責めることができずに悩んでいたり、どんな相手と浮気しているのか、またその証拠がほしいと思いながらも調査に踏み切る勇気が出なかったりするのだと思います。
浮気調査までしたら、離婚になってしまうのではないかと思われる方も多いでしょう。
先日ご相談に来られた方は、浮気調査は犯罪だから絶対にしたらダメだって友人に止められたと言われていましたが、これは間違いです。
犯罪行為や違法行為によって得た証拠だとしたら、その内容がどんなに素晴らしくても、証拠能力はゼロになってしまいます。
そんな証拠を弁護士が利用するわけありませんよね。
探偵による浮気調査はしっかりとした証拠能力があり、正当性のあるものなのです。
(※たまに、違法な方法により調査をする探偵もありますので、ご注意くださいね。)
 
だからといって、そこまでしたことがわかると自分の事を見限って浮気相手の方へ行ってしまうのではないかという不安もあると思います。
はたして本当にそうでしょうか?
現在、離婚を切り出されているのならそれを理由にあれこれ言ってくるかもしれませんが、だからといってこちらには不貞の証拠が有るのです。
それを盾に離婚には同意しないと相手からの請求を拒否する正当性が生まれます。
以前から何度もいいますが、有責配偶者からの離婚請求は認められませんから。
また、私としては特に探偵を付けた事を配偶者に告げる必要もないと思います。
そのあたりの交渉についても、調査終了後でもいつでもご相談には乗っていますので、安心してください。
 
でも、今後どうなるかわからないことをあれこれ考えて、想像して悩むより、まずは行動することだと思っています。
行動することによって、流れも変わります。
探偵でなくとも、弁護士に相談するもの一つの方法です。
証拠のない状態で相談するよりは、何かしら些細な事でもいいので尻尾を掴んでから相談するのをお勧めはしますが。
 
現在離婚したがっているような素振りは見られないけれど、浮気は確実にしているというのなら、そこまで不安になる必要も無いかもしれません。
本当に離婚というのは大きな決断です。
心底離婚を真剣に考えているのなら、何かしらのアクションを起こしてきているはずですから。
 
私たちは、皆さんそれぞれ違うパターンや内容の浮気問題をお聞きして、これまでの経験からそれぞれにあったアドバイスをさせていただいています。
もちろん、調査が必要と感じればそのように伝えますし、目的にあった調査のご提案もします。
だからといって、相談に来たら契約しないといけないのではないかと思われる方もおられますが、弊社ではそのような対応はしておりません。
あくまでも、私たちはアドバイスをさせていただいているだけで、それをどう考え決断するかはお客様自身だと思います。
 
調査をした後のことも同じです。
絶対にこうしなさい、というような事はありません。
アドバイスはしますし、納得のいくまでご相談にも乗ります。
それを踏まえた上で、最終的にはご自身で判断していただくしか無いのです。
どうか、諦めずに前に進んでいただきたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事