浮気に関すること

浮気相手を徹底的に追い詰めてやりたい!!

 
多くのご依頼者様が言われる言葉として
「相手の女(男)をとことん追い詰めてやりたい!!」
というのが有ります。
 
気持ちはとてもよくわかります。
自分が受けた痛みを浮気相手にも味わって欲しい。
(そんな生易しい感情では無く、地獄を味あわせてやる!くらいの感情の場合も多いのですが…)
そう思ってしまうのも無理はありません。
 
では、具体的に一体どのような事をすれば浮気相手を追い詰めることができるのでしょうか。
 
分かりやすい例は慰謝料請求です。
今回の浮気問題により受けた精神的苦痛に対する代償をお金で償ってもらうという方法です。
きちんとした手順で方法さえ誤らなければこれは正当な手段であると思います。
誤った方法というのは、気持ちが高ぶってしまい、つい暴言とともに慰謝料を強く要求してしまうなどです。
相手から脅迫されたと訴えられると問題はややこしくなってしまいます。
それでなくても、傷ついたのはこちら側で、その心の傷が大きいばかりにそんな行動に出てしまったというのに、そんなの理不尽ですよね。
ですから、これに関しては私たちも充分アドバイスさせていただきますので、間違った方向へは行かないよう注意して慎重に話を進めていく必要が有ります。
 
 
その他の方法として考えられるのが相手の家族に不倫をしている事実をバラすという事。
相手が既婚者の場合はその配偶者に。
未婚の場合は両親に、といったところでしょうか。
 
さらに言えば、浮気相手の職場にこの事実をバラすということ。
社会的ダメージを与える目的ですね。
 
また、過去には近所に二人の浮気密会現場の写真等印刷物を配るとか、激しい事を言われていた方もおられましたが、これはまず名誉毀損等の罪に問われる可能性が高いため、その犯罪行為の補助をするために調査を請け負うことはできないと説明し、思いとどまっていただいた事も有ります。
 
これらのことは良い悪いは別にして、精神的に大きなダメージを相手に与える事ができる可能性はあります。
しかし、相手が既婚者の場合はその家族からも反対に不倫の慰謝料を請求される可能性もありますので、婚姻関係の継続を希望される場合はそのリスクも考えておいてください。
反対に、周囲に秘密にしておくことが交渉材料となる可能性もありますので、安易に行動する前によく考える必要があります。
 
いずれにせよ、調査後もどのような手段で行動に移すかまでしっかりと私たちが相談に乗ります。
慰謝料が取れるから調査しても取り返せるといった安易な面ばかり主張して契約を促すのではなく、それに伴うリスクもきちんと説明しています。
そのうえで、調査をするかどうか決めていただきたいと思います。
 
 
 
 
弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事