浮気調査に関すること

浮気問題早期解決にはとにかく行動あるのみ!

 
昨日がんばっている探偵さんたちの話をしましたが、今日は朝から新規で3件の面談でした。
このブログを書いている時点で2件終了し両方契約となりました。有り難いことです。
そして、これからあともう一件控えています。
どうなるでしょうか。
お役に立てれば幸いですが。
 
早速今日も調査員さんたち、徹夜の可能性が非常に高いです。
本当、頭が下がります。
がんばってください。
 
さて、今日のご相談内容でも感じたことですが、浮気をされている方たち、皆開き直りすぎです(-_-;)
「どうせ離婚なんてできないでしょ」と高をくくっているのか、何も考えていないのか、浮気の事実が自分自身の不利になることを知らないのか、全くその態度の意味が不明すぎて呆気にとられてしまいます。
負けずに証拠を取って、しっかりと浮気の結末がどういうものなのか実感してもらう必要があります。
やはり多いのは離婚は避けたいという方針です。
調査までしたら、離婚になってしまうのではないか。
そう思われる方もいらっしゃいますが、そうとは限りません。
離婚したくない、夫婦関係を改善したいというなら、とにかく浮気相手と別れてもらわないと話にならないからです。
今まで、あまり会話もなくなっていて冷めきっていた夫婦関係の場合、そこを努力で改善することにより相手の態度も変わるということが有ります。
しかし、いくら努力しても、全く相手に届かない、気持ちが浮気相手にハマってしまっている場合などはその努力自体が相手からするとウザく感じられ反って冷たく対応されたり無視されたりという酷い話も聞きます。
そういう時は、いくら努力しても無駄に感じてしまいますよね。
反対に余計辛くなってしまいます。
でも、いつか気づいてくれると期待して待ちますか?
それは、本当は危険なことだと思います。
そうやって放置している間に浮気中の二人の関係はどんどん深くなる可能性だってあるからです。
まだ、そこまで行ってない時に手を打つほうが良いにきまっています。
早く浮気をやめさせたくても、浮気をしている事実を本人が認めない限り終わらせることもできません。
「浮気相手と別れてよ!」
「別れても何も、していないものはしていないんだ!」
という具合になり、その後は隠れてバレないように浮気を続けるというのが多いですね。
そうなると、証拠というものが何故必要なのか分かっていただけると思います。
まぁ、離婚や慰謝料請求をするとなると証拠が必要なのは明白ではありますが。
 
探偵に依頼するときというのは、悩みに悩んで最終手段として来られる方と、浮気に気づいてすぐに行動を移される方に別れます。
やはり、すぐに行動に移される方が解決も早いです。
依頼を決意されて、少し気持ちが楽になった、もっと早くお願いしておけば良かったという言葉もよく伺います。
でも、探偵自体も色々あるし不安も有りますよね。
よくわかります。
それでも、私たちが依頼を受ける時というのは、背負っている肩の荷物を少し私たちが引き受けるような気持ちでいます。
それで、少しでも気持ちが軽くなって頂けたらうれしいです。
 
一刻も早くこの浮気問題が解決して楽になっていただけることを願ってます。
 
 
 
 
 
 
 
弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント
 

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事