浮気に関すること

浮気の神様。

先日、岡山オリエント美術館で開催中の「古代オリエント カミとヒトのものがたり」を見に行ってきました。
まだ科学が発達する以前、世界の成り立ちや生死観を理解するためにできた古代神話について、その物語や神話をあらわした工芸作品などが展示されていました。
 
その中で私が興味深いと思ったのは、神々も浮気が大好きだったということです。
特にギリシャ神話に出てくる神の王ゼウスはとても浮気者で多くの神や人間とも浮気を繰り返しました。
そしてゼウスの妻ヘラはすごくヤキモチ焼きでその報復もすごかったようです。
しかもゼウスの浮気相手は既婚者ばかりという事実。
神様何考えてるんでしょうね。
こんなこと、浮気している夫が知ったら自分のやっていることを正当化してしまいそうです。
 
ゼウスは神なので、様々なものに変身できます。
そして、その変身した姿で女性と関係を持つのですが、特にひどいと思ったのは武将の妻アルクメネとのエピソードです。
この時ゼウスが変身したのは彼女の夫アムピトリュオン。
夫の姿に変身して寝室に来られたら、普通にそういう関係になってしまいますよね。

これって、同じ浮気でも彼女に罪は無いと思います。
反対にかわいそう過ぎます。
その時にできた子どもがあの有名なヘラクレス。
でも、そのヘラクレスもゼウスの妻ヘラから物凄く嫌がらせを受けます。
まだ赤ん坊のヘラクレスのもとに毒蛇を差し向けたり、大人げないくらいのひどい仕打ちです。
ゼウスに見初められたばかりにこの親子はとても気の毒でした。
 
また、ゼウスだけではありません。
有名な美と愛の女神アフロディーテ(ビーナス)は女性ですが、こちらも相当の浮気者でした。
浮気の神様という一面も持っているようです。
アフロディーテはゼウスの妻ヘラの策略により神々の中で最も醜い容貌をしているとされるヘパイストスと結婚させられました。
でも、美を司る神であるアフロディーテは醜い姿の夫ヘパイストスを嫌います。
しかも既婚者となってもモテモテな彼女は、多くの恋をすることになります。
中でも有名なのが軍神アレスとの浮気でした。
軍神アレスは「最も美しい男神」と言われるイケメン神様です。
そんなアレスとの浮気に気づいてしまった夫ヘパイストスですが、すぐにその事を責めず、じっと復讐の機会を伺います。
そして、妻アフロディーテが寝室にアレスを連れ込み、二人裸でベッドに入ったところを鎖の網で吊るし上げました。

しかも、その姿を他の神々を呼んで皆の晒し者にしたという…。
そして、ポセイドンの仲介でアレスは高額な慰謝料まで支払うはめになりました。
この一連の流れ、現代の私達と通じますよね。
全く同じです。
そんな大昔から神ですらそんな過ちを犯してきて、現代に生きる私達もまた同じ悩みを抱え続けているのです。
なんだか、切ないですね。
 
浮気問題に直面している方には、とにかく悩みを解消して、一日も早く平穏な日常を取り戻してほしいと思います。
 
 
 
弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント
 

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事