夫婦関係のこと

浮気相手と自分の子ども、どっちをとる??

またまた現れてしまいました…。
浮気相手の男性と一緒になりたいがために、夫婦間の話し合いのみで親権をあっさりと放棄する妻。
「女性は絶対に最後まで親権を諦めない、だって自分のお腹を痛めて産んだ子供なんだから………」
というのは、もはや理想論でしか無いのかもしれません。
普通の時に、冷静な頭で考えるとそんなの考えるまでもなく子どもに決まっていると思うのですが、浮気真っ盛りでのぼせている状態ですとそんな当たり前のこともわからなくなるのでしょうね。
でも、このことは親権を希望する男性にとっては朗報です!
離婚理由が妻の浮気であり、「ちゃんとした証拠を元に離婚→慰謝料請求」という流れができれば、離婚して浮気相手と一緒になろうとしている場合はなおさら親権を手放す可能性もあるという事です。
今後の二人の生活や、浮気相手を守る事を最優先したらそういう結論になるのでしょう。
そこでポイントとなるのが「ちゃんとした証拠」というものです。
あやふやな証拠であると、浮気をしているということを認めない可能性が非常に高いです。
ここはしっかりと、どこに出しても浮気をしている事を認めざるをえない証拠を元に行動を起こすことが重要だと思います。
ただ、慰謝料訴訟になって浮気相手との間に亀裂が入ると、急に親権を主張してくる場合もありますから、そこは注意しながら進める必要があります。
そのあたりについては調査終了後も相談に乗りますし、アドバイスもしますので安心してくださいね。

弁護士に一番選ばれている探偵社
岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

平田 澄

平田 澄

探偵業務取扱者 認定番号 No.JISA(1)2812-0278

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事