岡山の探偵事務所。浮気調査ならテラスエージェント

一般社団法人 日本調査業協会正会員 / 探偵業務取扱主任者認定資格
探偵業届出証明書番号 岡山県公安委員会 第72160018号

MENU

まずはお気軽にご相談ください。

秘密厳守 無料相談 24時間365日受付中

0120-166-150

ご相談・お問い合わせ

浮気・不倫調査

92.6% のお客様が 20万円~60万円 の調査料金で
裁判で使える証拠 を得ています。

必ず学んでおきたい証拠の必要性

皆さんはなぜ、証拠が必要と思われますか?
また、証拠とは一体どのようなものだとお考えですか?

 

携帯電話の通話履歴やメール、LINEの内容を見てしまった時など、浮気の形跡を掴んでしまった時、多くの方がその場で問い詰めてしまいます。
その形跡を浮気の動かぬ証拠だと思ってしまったからです。
しかし、たったそれだけの事で浮気を認めて全てを白状するなどということはまずありません。
このページを訪れている方には、そのような経験をされている方もきっといらっしゃることと思います。
 
「探偵に依頼して証拠を撮るなんて、離婚前提の場合だけでしょ?」なんてお考えでは無いですか?
もちろん、離婚を決めて依頼される方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は依頼の時点で、まだその方向性を決めてはいません。
子どものことや家のローン、同居の両親など、離婚するにあたって降りかかってくる問題はたくさんありますから、簡単に結論を出せるはずありませんよね。

 

初めに知っておいていただきたい事。
それは、離婚するにしろ結婚生活を続けるにしろ、証拠は必要ということです。

01. あなたが離婚したい場合

相手は離婚したくないケース

自分が離婚したくても、夫(妻)は離婚を拒否している場合、離婚をするための理由が必要になります。不貞の証拠があれば、貞操の義務に違反したとして、正当な離婚理由になります。

相手も離婚を希望しているケース

夫(妻)も離婚を希望してはいるが、肝心なのはその離婚理由です。自分の浮気を隠しながら、性格の不一致で離婚をしたいと迫られることがとても多いです。どちらに非があって離婚に至ったかということが、重要です。不貞の証拠がそれを明らかにしてくれます。

02. あなたが離婚したくない場合

相手も離婚したくないケース

このまま、妻(夫)とも浮気相手とも両方仲良くやっていきたいなんて言う理解しがたいセリフを悪びれることなく言っちゃう人もいますが…。そうでなくてもこっそり浮気を続けながら、夫婦生活も続けていきたいと思っている人、本当に多いです。こちらとしては、そんなことあり得るはずありませんよね。浮気相手とはキッパリと別れてもらわなくては安心して夫婦生活を続けることなんて不可能です。

そのためには、しっかりとした言い逃れのできない証拠を用意し、とことんそのことを追及、話し合いをする必要があります。引き続き不倫が継続していた場合の法的に効力のあるペナルティに至るまで、しっかりと取り決めをしておくことをおすすめします。

相手は離婚を希望しているケース

いくら夫(妻)が離婚をしたがっても、その理由が夫(妻)自身にある場合の離婚は法的にも認められません。不貞をしている証拠があれば、たとえ裁判になったとしても夫(妻)からの言い分は認められないでしょう。

どうですか?証拠の必要性、理解していただけたでしょうか。
法律事務所に相談された場合にも、証拠がないと希望に沿った対応ができないため調査会社で証拠を撮ることを勧められたと言われるほど証拠は重要なのです。

 

そして最後に、どのパターンにも共通するのが、慰謝料請求の問題です。
不貞の証拠さえあれば、離婚するとかしないにかかわらず、夫(妻)及び、浮気相手に対して慰謝料請求が可能になります。

浮気相手が誰なのか判明させる事

浮気をしている証拠は掴んでいる、または本人が不貞の事実を白状した、といった場合でも、その浮気相手が誰なのかはわからなければまだ完璧とは言えません。
なぜならば、慰謝料請求をする場合には、この情報が必要となるからです。
ところが、いくら不貞の事実を認めても浮気相手の情報だけは絶対に白状しないという人、とても多いです。
相手に迷惑をかけたくないという一心で、そこを守ろうとするのでしょうが、こちらとしては、それでは納得がいかないという気持ちも理解できます。
浮気相手がどこのだれで、どこで働いているのか?経済状況はどのようなものなのかまで掴んでおきたいところです。

attention

調査終了後、テラスエージェントでは、ご依頼者のご希望に合わせて証拠の使い方や、話の持って行き方のアドバイスをさせていただいております。
また、必要に応じて弁護士の紹介や、現状の説明のため法律事務所へ同行するなど、問題解決まできちんと対応させていただきます。

探偵による調査の必要性

証拠が必要なのはよくわかった。
でも、自分自身で集めた証拠を持っているから、調査は必要ない…という場合もあります。

 

では、探偵による調査の必要性って何でしょう?

 

まず1番問題なのは、今ご自身で持たれている証拠の内容で本当に充分なのか?というところにあります。
前項でも触れましたがあなたの持たれている証拠は「言い逃れのできない証拠」ですか?
携帯の履歴というのは、最も言い逃れされやすい証拠です。
夫(妻)が見知らぬ女性(男性)といるところを見た、というのも証拠にはなりません。
友人に頼んで、夫(妻)が知らないマンションに入っているところを携帯で撮影してもらったから完璧!…本当にそうでしょうか。
その写真は鮮明に人物が判別できる精度の高いものですか?

しかも、証拠能力が低いものを掲げて一回でも問い詰めてしまうと、言い逃れされるだけではなく、その後しっかりとした証拠を撮ろうと思っても警戒度が非常に上がってしまい、証拠収集が困難になるというデメリットまであります。

 

また、2番目に問題なのは、ご自身で夫(妻)を尾行し証拠を撮ろうとした場合です。
これは、本当にバレてしまう可能性が非常に高い。見知った顔というのは目に留まりやすいからです。
車も同じ。家族や自分の車と同じ車両はやはり目につきやすいです。
尾行しているのが一度でもバレると、これまた警戒度が上がります。
自分で尾行しているのがバレたからと言って探偵に依頼される方も多いですが、難易度が高い調査というのは時間もお金もかかる傾向にあります。

 

この他にも、夫(妻)とは面識のない友人に尾行を頼む方も多いです。
でも、これには大きな落とし穴があるのをご存知ですか?
一般の人が、特定の人物の尾行、張り込みや撮影を行った場合、ストーカー行為とみなされることがあるんです。
私たち探偵業を営んでいる業者は、国家公安委員会に届出をして許可を受けています。
それにより、尾行や張り込みによる証拠収集が認められているのです。
素人さんが尾行して、バレたり犯罪行為を知らない間に犯しているなんてことになる前に、調査のプロである探偵に依頼することを視野に入れてみてはどうでしょうか?
調査報告書を見られたご依頼者様は皆さん一様に驚かれます。

「どうやって、こんな至近距離で撮影したんですか?」
「真っ暗なところでこんなにハッキリと撮れるものなんですか?」
 
私たちは一般の方は到底持っていないような専用の機材を使用し、証拠撮影をすることを仕事としています。
普通では絶対にまねできないような技術や機材を最大限に利用して調査をしています。
毎回、より良い証拠を撮るために工夫し、努力しています。その証拠能力の高さは必ずご満足していただけるものであると自負しています。

調査費用を安く押さえる方法

証拠収集にお金をかけたくないから、探偵に依頼しないで自分で調査してしまおうとした場合のリスクは前項の通りです。
ここでお話したいのは、「あなたにしかできない調査」です。

 

私たち探偵にしかできない調査があるのと同時に、ご依頼者様にしかできない調査もあるのです。
それは、何でしょうか。答えは、「対象者の詳しい情報収集」です。

 

もう夫婦関係も冷めてしまっていて、全く夫(妻)に対して興味も無いから何も分からない、または別居しているから現状を知ることができない…と言われることがあります。
闇雲に何の情報も無く調査をするのでは最もコストがかかってしまいます。

 

まず、別居を考えておられるならその前に調査をしておいた方がいいでしょう。
そして行動パターンをはじめ、服装やカバン、立ち寄り先など、細かい情報を少しでも集めてください
夫(妻)に興味をもう一度持ってみてください。
毎日帰りが遅いけど、どこで何をしているのかわからない…という状況より、いつが飲みでいつが残業だったか把握している方が有利です。
何でもいいから会話をしてみてください。
普段と何か違う…と言った違和感を感じることもあると思います。意外とその勘は当たるんですよ。
今まで全く会話が無かったのに、急ににこやかに話しかけるようになると却って不審に思われるかもしれませんが、調査を開始する前なら不審がられても何もありませんしね。

 

夫(妻)がお風呂に入っている隙に、バックの中を確認したら、色んな情報収集ができたというお話もよく聞きます。
携帯電話をチェックするのは浮気をしている人の場合、ほとんどロックをかけているでしょうから難しいでしょう。
色々チェックしていることもバレてしまうと逆効果ですので、無理のない範囲で少しずつ。
今日はここまでにしておこう…深入りしすぎず、焦らずに、慎重に。

 

毎日の様子、出勤時間や帰宅時間、服装や感じた事を日記のように書き留めておくこともとても有効です。
こんな些細な事必要無いだろうと自分で判断しないでくださいね。
何でも、少しでも多くの情報を書き留めてください。弁護士さんも、日記の重要性についてはよく言われています
そうして集めた情報をまとめて分析すると、意外なパターンが見えてきたりすることもあります。

 

普段から会話のある関係でしたら、調査と並行して情報収集していただくのも可能だと思います。
たくさんの情報があれば、行動パターンが見えてきます。
それにより、調査効率が良くなり、費用を抑えた調査が可能になるのです。

調査力の違い

一概に探偵といっても、会社によって調査力には大きな差があります。
それを見分けることは実際に調査を依頼して比べてみない限り、不可能なことかもしれません。

 

弊所に持ち込まれるご依頼の中には、他社で調査したものの、映像が鮮明でないため証拠として使えなかったから、弁護士から再度調査を勧められて…と言ったケースや、他社での調査中に調査がバレてしまって続けられなくなったといったケースもあるくらいです。
その上、調査料金は弊所の3倍以上かかっているといったこともありました。

 

実際に他社で調査した報告書を持ち込まれることもありますが、それを見るとその調査員の技術力や、会社の調査に対するスタンス、また使用機材に関してもある程度判断できます。
でも、初めて探偵に調査依頼を考えておられる方が、ホームページを見比べるだけで調査能力の違いを判断することはまず無理でしょう。
調査機材のことばかりアピールしていて、それに頼りすぎても良い撮影はできないことも知っておいてください。
やはり重要なのは尾行能力で、こればかりはお金では買えるものではありません。
長年の経験や勘、その場に溶け込む技術やぎりぎりまで対象者に接近する技術など、一朝一夕では得られないものです。
くら望遠レンズを駆使しても、接近したり、同じ空間にいなければ撮影できないシチュエーションなどいくらでもあります。

 

調査力の違いを最低限、ホームページで確認できることといえば、会社の設立年くらいでしょうか。
何年くらい経験のある調査員が在籍しているのかまではわかりませんが、長い経験からくるノウハウを調査員が共有している可能性はあるでしょう。
気になるようであれば、ぜひ相談された際、突っ込んで質問するべきです。
経験豊富な会社であれば、きちんと答えてくれるはずです。

調査に掛かる費用

一番気になるところであり、一番不透明なところでもあるのがこの調査にかかる費用です。

 

ホームページで1時間1万円と書いてあるから、まあ数万円で調査できるのかな?と安易に考えていたら違っていたなんてこともよく聞きます。
前述のようにホームページで謳っている会社で見積もり100万円以上を提示されるなんてこともザラな世界です。

 

でも、テラスエージェントでは最初の見積もり段階でこの金額の提示はあり得ないと考えています。
もちろん、安ければよいわけではありません。
一般的な、良心的な探偵社が提示する妥当な価格というものがありますから、表には出せない安いなりの事情があると考えた方が妥当です。

 

ちなみに弊所においては、ほぼ90%以上のお客様が20万円~60万円の価格帯で調査をされています
テラスエージェントが推奨する証拠基準は、基本的に「密会の撮影3回分」です。それをこの価格帯でお受けしています。
期間も、1週間程度から3カ月以上など、個々のケースにより対応させていただいております。
お客様によって、状況や難易度等様々ですから、金額の詳細は料金についてを参考にしていただくか、ご相談の上おたずねください。
詳しくは料金・プランページを参考にしてください。

離婚&慰謝料を学ぶ

もし、どうしても離婚は避けられないという状況になった場合、離婚に関する知識が必要不可欠となります。
全く何の知識もないまま離婚話をした場合、大変不利な条件で離婚をすることになりまねません。
自分のこれからの生活、子どもとの生活を守れるのは自分自身です。
結婚や離婚というのは役所に書類を提出することにより法律的に認められた形態です。
そのため、どうしても法律の知識も必要なのです。
戸籍や親権、慰謝料、養育費に関するまで、すべてにおいて法的にどのように定められているのか。
専門家に任せる方が有利な場合もありますが、もちろんご自身で勉強し、対応することも可能です。


もっと早く知っておけば…と後悔する前に、ここで気になるところだけでもぜひ読んで、学んでおいていただければと思います。
詳しくは離婚&慰謝料ナビを参考にしてください。

まずはお気軽にご相談ください。

テラスエージェント相談員BLOG

女性相談員 平田が担当するブログです。

自分で出来る浮気調査

探偵に調査依頼をする前に、あなたにもできる浮気調査があります。

離婚&慰謝料ナビ

婚姻届けを提出して夫婦になると、民法上において様々な義務が生じます。

Ameba BLOG 夫に不倫サレました。

結婚6年目の子なし夫婦。大好きだった夫が不倫..。当事務所ご依頼者が書かれた実話ブログです。

RECRUIT 採用情報

テラスエージェントでは、やる気のある調査員を募集しております。

まずはお気軽にご相談ください。

  • 秘密厳守 相談無料 24時間365日受付中

「探偵」と聞くとちょっと近寄りがたいイメージを持たれるかもしれません。

私たちは、そのようなイメージを払拭し、悩み事を気軽に相談できる身近な存在でありたいと思っています。

問題解決への第一歩を踏み出そうと思っているあなたからのご連絡をお待ちしています。

pagetop