岡山の探偵事務所。浮気調査ならテラスエージェント

一般社団法人 日本調査業協会正会員 / 探偵業務取扱主任者認定資格
探偵業届出証明書番号 岡山県公安委員会 第72160018号

MENU

まずはお気軽にご相談ください。

秘密厳守 無料相談 24時間365日受付中

0120-166-150

ご相談・お問い合わせ

総合探偵社テラスエージェント相談員BLOG

浮気を繰り返す妻(前回の続き)

  • 2018年11月17日
  • 作成者:テラスエージェント相談員

カテゴリー:調査事例

こんばんは。

毎週火・木・土曜日のブログを担当しております総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。

今日もよろしくお願いします。

 

今日は前回の続きをお話したいと思います。

前回の復習はこちらからどうぞ↓↓↓

繰り返される浮気ー懲りない妻のお話

 

浮気はしていたであろうという事実を知りつつ、離婚は踏みとどまっていたご依頼者でしたが、今後また不審な兆候が見られたら、今度はすぐに調査依頼に来ますと言われていました。

そして、その言葉が現実になったのがそれから半年と少し過ぎた頃の事。

 

「ご無沙汰しています。」とお電話をいただき、再び調査依頼のために来社されたのでした。

お話をお伺いしたところ、やはり今度も怪しさ満点。

聞けば聞くほど、まず間違いなく浮気をしていると思われる様子です。

 

前回の調査後、あんなに離婚したがっていた妻がピタッと離婚について口にしなくなっており、最近までは夜外出することもなく普通に過ごしていたそうです。

ところが、近頃また様子がおかしいのです。

友人宅に泊まると言って外泊をしたかと思うと、その次の瞬間から再び離婚を切り出してきたとのこと。

もう、わかり易すぎて呆れます。

 

同じく呆れ果てているご主人である依頼者ですが、きちんと慰謝料請求出来る状況で離婚に持っていきたいということと、親権を得るためにできるだけのことをしておきたいということで、再調査となりました。

調査日は仕事の後、友人宅に遊びに行くと言っている日。

平日のため、泊まりはしないと思うとのことでした。

 

その日は仕事の予定だけれど、休みを取っている可能性もあるということで朝からの調査です。

実際、出勤時間に鳴っても動かない妻。

予想通り休みを取っていたようです。

そして、昼頃家を出て向かった先は駅でした。

ロータリーで待つこと数分、現れた男性が妻の車に乗車したのです。

そして昼食を一緒に取った後、駅前のホテルにチェックイン。

二人でホテルの中へ入っていったのでした。

 

しかし、この日は平日。

一応仕事に出ているということになっています。

夕方一人でホテルから出てきた妻は子供の保育園へ向かいます。

そして、子供と共に一旦帰宅したのです。

きっと夕食の準備でもしたのでしょう。

そして、夫の帰宅時間直前に再び車で行動開始し、ホテルへと向かっていきました。

その後、浮気相手と二人で食事に出た帰りのエレベーターでは、キスをする二人の様子までしっかりと撮影成功!

 

深夜になって帰宅した妻でしたが、なんと翌日もいつもより早く子供を保育園に送り届けたかと思うと、そのまま駅前のホテルへ向かったのでした。

二人でホテル内のレストランで朝食を取り、再びホテルの部屋でチェックアウトまで過ごしたという…。

まさか全てカメラに撮られているなんて思いもよらなかったでしょうね。

 

さらに驚いたのはこの後。

チェックアウト後、二人で車で向かった先はラブホテルだったのですから呆れます。

しっかりと3時間過ごして出てきたのでした。

そこから駅まで送って行って名残惜しそうにお別れしていました。

そこからは相手の男性の身元確認です。

自宅住所まで調べておかないと、相手への慰謝料請求ができませんからね。

 

なかなか内容の濃い調査となりました。

1年前は不貞の証拠が取れる前に別れてしまったという苦い経験から、今回は早々にご依頼くださったもの良かったです。

 

証拠は時と場合によっては自分を助ける武器にもなれば、お守りにもなります。

証拠を取るのは現実と向き合う必要があるので、躊躇してしまう気持ちももちろんわかります。

できれば知りたく無い事実を目の当たりにしなければならない事もあります。

しかし、タイミングを逃すと簡単にとれたはずの証拠もとれなくなり、後々後悔することもあります。

 

今回のお話はそんな後悔を経験しつつ、最終的には素早い決断で良い証拠を得られたというお話でした。

 

 

 

 

 

 

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

繰り返される浮気ー懲りない妻のお話。

  • 2018年11月15日
  • 作成者:テラスエージェント相談員

カテゴリー:調査事例

こんばんは。

毎週火・木・土曜日のブログを担当しております総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。

今日もよろしくお願いします。

 

男性でも、女性でも浮気を繰り返してしまう人というのが存在します。

そんなパートナーを持ってしまうと、苦労が耐えません。

今回はそんな妻を持ってしまったご依頼者様のお話です。

 

最近友人宅に泊まりに行くという事が急に増えたり、夜遅くに買い物にスーパーに行くという事が増えた妻に不信感を持っていたご依頼者である夫。

ちなみに、これまで9年の結婚生活の中で、友人宅に泊まりに行くことも無ければそもそもそんな友達自体いないと思うというのです。

その上、やたらと離婚をしたいと迫ってくるという有様でした。

もう、この時点で100%クロもクロで真っ黒けなイメージです。

ご依頼者としては証拠を撮って、最終的には離婚になっても構わないということでした。

 

そこで、すぐに調査となったのですが、案の定調査開始した直後から夜買い物にでかけたと思ったら、近くの公園で密会しているという…。

そのため、浮気相手もすぐに判明。

子供の通う小学校の父兄でした。

とてもわかり易い不倫です。

 

そんな調査が始まって間もなくの事です。

その日は妻の誕生日でした。

そのため、ご依頼者と話をして、早くからこの日は必ず何か理由をつけて密会するはずと睨んでいました。

実際、夜になって出かけた妻が向かったのはまた公園。

 

そこに相手男性も現れ、ベンチに二人で腰掛けて何やら会話をしています。

でも、あまり会話ははずんでない様子。。。

普通の不倫カップルとは違う違和感があるのです。

 

そこに雨が降り始めました。

二人は駐車場まで移動し、もう帰宅するのかと思いきや、妻は傘を取り出しまた車の横で何やら話しています。

浮気相手がもう帰れとばかり車に乗せようとするのですが、抵抗する妻。

そのうち傘をたたみ、やっと車に乗るような素振りを見せたかと思いきや、何故かまた車から出てきて必死に男性に何か言いすがっています。

雨は激しくなり、ふたりともびしょ濡れ。

そのうち、強引に相手男性に促されて車に乗り、名残惜しそうに帰宅した妻でした。

 

こんな一件があった後、妻の外泊や夜の買い物といった行動はピタッとなくなりました。

あれほど離婚を夫に対して迫ってきていたのにも関わらず、それも嘘のように言わなくなったというのです。

 

・・・これは・・・別れた???

 

いっときの喧嘩なのか、本当に別れたのか最初はわかりませんでしたが、とりあえず動きは無いのです。

1ヶ月ほど様子を見ましたが、動く様子もないのでここで調査は終了となりました。

 

今回の調査ではタイミングが悪く、密会はしていたもののホテルに行ったりという所謂不貞の証拠は押さえられませんでした。

もう少し早く依頼していれば、確実に証拠を押さえられたのにとご依頼者が後悔されたのは言うまでもありませんが、とりあえず浮気相手と別れたのなら、このまま結婚生活を続けてみるという選択をされたご依頼者でした。

離婚という決断に踏み切れなかった何よりの理由が子供の親権です。

 

離婚はしたいけれど父親である自分が親権を得ることは容易ではないことは明白です。

ここは、子供と暮らすためにひとまず我慢をしようという決断をされたのでした。

まぁ、子供の世話をしてくれている家政婦と住んでいると思うようにしますと言われていたのを覚えています。

 

男性の場合はこのように子供と別れたくないという理由もあるため、妻の浮気を許す方がほとんどです。

それで、そのままうまくやり直しをされる方もたくさんおられるのですが、今回のご依頼者の場合はそうは行きませんでした。

 

さて、この後どうなったか・・・??

 

今日も長くなりましたので続きは次回お話しますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m。

 

 

 

 

 

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

お昼休み45分間だけの浮気。

  • 2018年08月30日
  • 作成者:テラスエージェント相談員

カテゴリー:調査事例

こんばんは。

毎週火・木・土曜日のブログを担当しております総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。

今日もよろしくお願いします。

 

 

最近は浮気相手に本気になって、離婚まで考えたり家を出ていったりするようなタイプの事を記事にしていましたが、そのような方ばかりではありません。

全く離婚とか考えていない様子で、でもしっかりと浮気はしているといった方も多くおられます。

 

 

過去の調査ではこんなことがありました。

依頼者の夫はお休みが不定で、平日に2日程度家にいる日がありました。

その平日のお休みの日、お昼前になるとおもむろに自転車で外出し、そのまま近くの河原の土手へ向かいます。

相手の女性は職場から自分の車でお昼休みになると出てきて(会社の制服姿です)同じ河原へ向かいます。

そこで合流し、女性の車の後部座席に乗り込みそこで行為が行われていたわけです。

平日の真昼間に…です。

車の後部座席にはスモークが貼られているのですが、正面の窓はもちろんクリアです。

しっかりと中の様子も撮影させていただきました。

川の対岸から狙われているなんて、まず思いもしなかったでしょう。

 

 

この女性、この後素知らぬ顔して職場に戻り、仕事を続けるのでしょうね。

二人が会うのは、このタイミングだけ。

一緒に食事に行ったり、デートしたり等一切ありません。

相手の女性はアラフォーの独身女性。

見た目はごく地味な事務員タイプでした。

こんな体だけの不毛な関係を続けていることに疑問も不安も抱かないのでしょうか。

 

 

そして、夫は全く離婚等考えていないのです。

この夫、過去にも何度か浮気がバレており、依頼者としてはなんとか離婚をしたいと考えているのですが、全く取り合ってくれません。

そこで、今回は決定的な証拠を押さえて、離婚したいと思われ調査をされた次第でした。

こういった場合、よく言われるのが

「本気で相手を好きになったと言うのならまだ、こちらも気持ちの踏ん切りがつくのに…」

という言葉。

 

 

でも実際は本気になったらなったで、それはとても許しがたい事でもあります。

でも結局の所、どちらの方が良いとか悪いとか言った問題ではなく、浮気をすること自体、本気でも遊びでも絶対に許せないというのが本音だと思います。

 

 

今回の事例では依頼者の方は離婚を希望されていましたが、離婚を希望されない場合も多いです。

夫も離婚を希望していない場合は、きっちりと相手女性に慰謝料を請求して、夫にも浮気をしたらどういうことになるのか自分のしていることを自覚してもらうということが再発防止にも繋がります。

ここで、離婚も辞さないという強い意思を見せられるのは大きな意味がりますからね。

 

 

今週ご依頼いただいたお客様も、前回の浮気はお咎め無しで許してしまった事を後悔されていました。

今回はきっちりと証拠をとって、二度とこのようなことがないように対処をする予定です。

浮気の代償は大きいということがきっとわかってもらえると思います。

 

 

 

 

 

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

「もうお前とはやっていけない。」と言う夫(妻)。

  • 2018年05月10日
  • 作成者:テラスエージェント相談員

カテゴリー:夫婦のこと, 浮気のこと, 調査事例

こんばんは。

毎週火・木・土曜日のブログを担当しております総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。

今日もよろしくおねがいします。

 

今日はとある夫婦のお話から。。。

 

夫から離婚を切り出された。

理由といえば妻のやる事なす事、考え方から両親への接し方、子育て方針に至るまで全てが気に入らないという。

え。そんなことで?今までもぶつかりながらもやってきたのに?夫婦ってどこもそんなもんじゃないの?

 

そして、夫は言うだけではなくなんと実際に行動に移し始めた。

不動産で賃貸物件探している様子あり。その資料をカバンから見つけた。

休みの日には、まだ住宅ローンの残っている自宅の査定に業者もやって来た。

 

マジか…もう、今更どんなに頑張っても離婚しかないんだ

でも、やっぱり納得できない。何かがおかしい気がする。

どうしても離婚したいというなら、辛いけれどそれは受け入れよう。

ただ、言いなりで離婚するのではなく、真実は知っておきたい。

私を悪者にして別れたいのかもしれないけど、夫婦なんだしある程度の事はお互い様。

普通に暮らしていれば、誰だって不満の一つや二つはある。

でも、それって離婚しなければならないくらい我慢できない事?

今まで何年も一緒に夫婦としてやって来たのに?子供もいるのに?

 

そして妻は離婚する前に事実を確認する為浮気調査を決意した。

結果はすぐに判明。予想通り、真っ黒。

しっかり浮気をしている証拠がつかめた。

相手は独身女性。

自分と別れて、一緒になろうとしている様子。

 

妻は夫に事実を突きつけた。

『あなたは私のせいにして離婚をしようとしているけれど、本当の理由は浮気だったのね。

それならそれで、こちらも対応させてもらいます。

もちろん離婚には応じますが、2人には慰謝料請求も含めてしっかりと償ってもらいます。』

 

 

 

すると夫は

これまであんなに離婚、離婚と声を上げていたのに突然、離婚は一時的な気の迷いだった、相手とは別れる、もう一度やり直してほしい、と態度を一変させてきたのだった。

 

 

 

このようなケース、珍しい例だと思われますか?

多くの人は一度離婚だと言い出したらそれを実行するのではないか。

うちの夫(妻)はプライドも高くて一度いい出したことを自分から頭を下げて覆すなんて絶対に無い!と思われていませんか?

 

実は今回のお話は非常によくあるパターンなんです。

今回の例は夫の浮気でしたが、反対に妻の浮気でも同じです。

 

調査をすることで、多くの方は自分の中で踏ん切りがついて、辛い思いをしながらも心を決められます。

ところが頑張って頑張って、気持ちの整理をつけたのにこんな風に態度を変えられたら

 

あなたならどうしますか?

夫(妻)を受け入れることができますか?

 

 

心を決めるときに、こんな事もある事をちょっと頭の隅残しておいて、万が一の事態に備えておいてくださいね。

 

 

 

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

対象者を一瞬にして見失うという事態に!!

  • 2017年12月11日
  • 作成者:テラスエージェント調査主任T

カテゴリー:調査事例

みなさんこんばんは。

総合探偵社テラスエージェントの調査主任Tです。

いつも弊社のブログを読んでいただきありがとうございます。

 

今日は私が駆け出しの探偵だった頃の話です。

調査経験が少なく場数を踏んでなかったころは対象者をちょっとしたことで見失ってしまったこともありました。

神戸の浮気調査に行った時のことです。

対象者が自宅から元町駅方面に移動するところを確認し、尾行を開始しました。

すると同駅付近にある場外馬券売り場に入っていきました。

エスカレーターを駆け上がっていった真後ろを尾行していたのですが店内は人混みが激しく身動きができなくなり対象者を一瞬にして見失ってしまった…。

この人混みの中店内を探すのも大変なため、このまま調査終了になるか?悪い予感が一瞬頭をよぎりました(汗)

が、そういえば駅にあるコインロッカーにカバンを預けていたことを思い出し、そこで待つこと1時間…対象者が現れました!助かった〜

その後対象者は新幹線に乗り広島方面に向かう途中岡山で乗り合わせた相手女性と接触したことを確認しました。

 

2人は広島駅からタクシーに乗り宿泊先に到着したため、その日の調査は終了。

無事たどり着くことができて良かったです。

この調査では人混みでの尾行(状況に合わせて対象者との距離を考えること)、新幹線での尾行(どこの駅で降りるかも不明で事前に切符も買えない)、タクシーでの尾行(運転手の運転技術にも左右される)の大変さに新人にとってはとても勉強になった1日でした。

 

 

 

 

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

自分で出来る浮気調査

探偵に調査依頼をする前に、あなたにもできる浮気調査があります。

離婚&慰謝料ナビ

婚姻届けを提出して夫婦になると、民法上において様々な義務が生じます。

Ameba BLOG 夫に不倫サレました。

結婚6年目の子なし夫婦。大好きだった夫が不倫..。当事務所ご依頼者が書かれた実話ブログです。

RECRUIT 採用情報

テラスエージェントでは、やる気のある調査員を募集しております。

まずはお気軽にご相談ください。

  • 秘密厳守 相談無料 24時間365日受付中

「探偵」と聞くとちょっと近寄りがたいイメージを持たれるかもしれません。

私たちは、そのようなイメージを払拭し、悩み事を気軽に相談できる身近な存在でありたいと思っています。

問題解決への第一歩を踏み出そうと思っているあなたからのご連絡をお待ちしています。

pagetop