岡山の探偵事務所。浮気調査ならテラスエージェント

一般社団法人 日本調査業協会正会員 / 探偵業務取扱主任者認定資格
探偵業届出証明書番号 岡山県公安委員会 第72160018号

MENU

まずはお気軽にご相談ください。

秘密厳守 無料相談 24時間365日受付中

0120-166-150

ご相談・お問い合わせ

総合探偵社テラスエージェント相談員BLOG

弁護士と探偵

  • 2017年08月22日
  • 作成者:テラスエージェント相談員

カテゴリー:調査について

 

弊社のお客様は、弁護士さんに紹介されて来られたという方も非常に多いです。

交流のある弁護士さんからの紹介はもちろん、面識のない弁護士さんまで紹介してくださることもあり、本当に有り難い限りです。

 

皆さんも、探偵に依頼したほうが良い状況になった時、弁護士さんから紹介された探偵だと、少しは安心して依頼出来るのではないでしょうか?

 

弁護士さんは職業柄色々な調査会社の報告書を見る機会があります。

そこで、ここなら間違いなく良い調査をしてくれると判断するからこそ、自分のクライアントに紹介していると思われます。(中には紹介料等を介してのビジネス的なやり取りをされておられるところもあるのかもしれませんが…)

 

反対に、信用できない探偵社を紹介してしまうとトラブルに巻き込まれる上に、その弁護士さん自身の信用を落としてしまうというリスクもあります。

弁護士さんによっては、できるだけリスクを回避するためにそのような紹介は一切しないという方もおられるようです。

でも、そのために悪質な探偵社に依頼してしまい、証拠が取れない上に高額な費用を請求されるという事態に陥る可能性もありますよね。

 

一般的な消費者の立場としては、出来ることならこれまでの弁護士経験の中で見てきた報告書の中でも、ここならという探偵社をいくつか紹介していただけると本当にありがたいです。

 

それでも、最終的にどこに依頼するか判断されるのはご自身の問題ですから、どうか良い探偵社に巡り合っていただければと思います。

 

 

 

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

お祭りと浮気調査

  • 2017年08月05日
  • 作成者:テラスエージェント相談員

カテゴリー:調査について

 

今日、岡山は花火大会が開催されますね。

数年前、花火大会の日に浮気調査をしていたら、対象者の夫が浮気相手の女性宅マンションへ仕事終わりに向かいました。
中に入って少しして、花火が上がり始めたところ、2人は仲良くベランダに出てビール片手に花火鑑賞。
浮気相手宅で2人仲良く過ごす様子がバッチリ撮れたという…ラッキーな出来事。

今ふと、想いだしました。

この時期多いのが、お祭りに浮気相手と一緒に行くと思うので調査してほしいというもの。
でも、実はこれ、あまりオススメではありません。
特に岡山の花火大会。
狭いところに大量の人出です。
身動きできません。
そんなリスクを犯して調査するより、浮気している2人が会うチャンスはもっと他にも必ずあります。
そういう時をじっくり狙って調査するのをお勧めします。

夏は気持ちも開放的になりますし、楽しいイベントや長期お休みなど、浮気の熱が上がりやすい季節でもあります。
何とか尻尾を捕まえて、頭を冷やしてほしいものです。

 

あの人に会いたい…その気持にお応えします!

  • 2017年07月31日
  • 作成者:テラスエージェント相談員

カテゴリー:調査について

この週末は、またまた人探し調査で関西のとある街まで行ってきました。

人探し調査は浮気調査で手一杯で人員が足りない時などに、普段は事務所から出ることのない私が出張する数少ない機会です。

 

今回の依頼も、ありとあらゆる手をつくし、なんとか住所まで判明させたため、現地へ訪ねて行ってきました。

 

閑静な住宅地の中に、お目当ての住居はありました。

しかし、日中にも関わらず雨戸が閉まっており、人の気配がありません。

一応、インターホンを鳴らしてみますが、応答なし。

でもその住宅、荒れ放題かというとそうでは無く、きれいに掃除はされていました。

でも、住んでいる人の気配が感じられないのです。

 

そこで、近隣住民の方に聞き込みを開始しました。

するとお向かいのお宅の方が言われるには、なんと先月末に引っ越したというではないですか!!

依頼を受けたの自体が今月だったため、なんというタイミングの悪さ…ガーンショックです。

 

でも、諦めず聞き込みを続けると、行き先を知っているという方に行き着きました。

「住所はわからないけど、場所は説明できるよ。」

ということで、地図で場所を教えてもらったのですが、なんとそこはマンション。

「部屋番までは知らないけれど、町内会長さんなら引越し先の詳細聞いてるかも。」

という情報をいただき、町内会長さんのお宅へ向かいました。

しかし、あいにくお留守。

 

もうこうなったら一軒ずつ、確認して回るしかない!と決意して5階建で30軒程ある中、表札の出ていないお宅を片っ端から訪ねて回ることにしました。

 

 

「ピンポーン」

「・・・」

返事なし。

 

 

「ピンポーン」

「はい」

「〇〇さんのお宅でしょうか?」

「違います△△です。」(親切にお名前教えてくれる方もいました)

「すみません、間違えました汗

 

 

ずっとその繰り返し・・・

見つからない・・・

 

 

この情報、間違ってたのかな?

もしかして、お留守のお宅のうちのどれかだったのかな…

などと、悪い方へ気持ちも向かい始めます。

そして、後残すところ2軒となった時でした。

 

 

「ピンポーン」

 

「・・・」

 

反応なし?

と諦めかけたところ

 

「ガチャ」

インターホンで返事があるのでは無く、何故かドアが開いたのです。

そして、ドアから顔を出したのは探している人物と年格好がほど近い人物でした。

そこで恐る恐る訪ねます。

「〇〇さんですか?」

 

「はい、そうですが。」

「!!!!!」

 

 

その瞬間、「うわ〜!やった〜!」と叫んでハグしたいくらい嬉しかったです。

もちろん、そんなことしませんけれど。

でも「良かった〜」と思わず声が出てしまいました。

 

事情を説明し、個人情報を依頼者に伝える許可をいただき、調査終了。

後は報告書を作成し、依頼者にお伝えするだけです。

 

訪ねていった相手の方にも、とても喜んでいただけて、

「では、近いうちに連絡があるということですね」

と嬉しそうに言われていました。

 

 

この日の関西地方は、天気もよく、とても暑くて暑くてあせる

そんな中、外を歩き回ったため本当はバテバテだったのですが、見つけ出せた嬉しさや、相手の方にも喜んで頂けたこと、そして何より良い仕事ができた充実感でいっぱいになり、疲れも吹き飛んで元気に岡山に戻ってきました。

 

浮気調査に比べて、人探し調査の案件自体、数は少ないですし、個人情報を扱う以上、内容も厳選する必要があり、どんなご依頼でもお受けできるわけではないのですが(※違法性のないもののみ、対応しています)、今月は3件調査し、なんとか全て本人にたどり着くことができました。

 

 

会いたいけれど、どこにいるのかわからない・・・そんな方がいれば、ぜひご相談くださいね。

 

 

 

 

 

 

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

 

浮気調査に伴う罪悪感。

  • 2017年07月26日
  • 作成者:テラスエージェント相談員

カテゴリー:調査について

浮気調査をためらわれる理由の一つに、罪悪感というのがあります。

調査すること自体、悪いことをしているような気がしてしまうというのです。

 

結論から言いますと、そんな気持ちが強いのなら、浮気調査をしないほうが良いと思います。

そうでなくても、浮気問題で悩んでいるのですから、それ以上に罪悪感まで重なってしまうと辛いですよね。

 

調査をすることによって、すこしでも楽になって欲しいと私たちはいつも思っています。

お客様と話をして、または依頼を受けて、帰り際に

『すごく気持ちが楽になりました』と言われることが何よりうれしいです。

 

でも、依頼して余計つらくなるのだとしたら、こちらも悲しい気持ちになります。

 

それでも、100%浮気をしているという確証がない限り、例え1%でも、浮気をしていないという可能性があれば、皆さん少なからず罪悪感を持たれることが多いです。

本当は罪悪感を感じるべきは浮気をしている当の本人であって、浮気調査を依頼する側ではないはずですよね。

 

それに実際は、調査を開始した途端にそんな罪悪感は綺麗サッパリ吹き飛んでしまいます。

浮気の事実を目の当たりにすることになるのですから。

 

調査をしても結果が出ないという可能性はハッキリ言って低いです。

しかし、全く無いとは言い切れません。

たまには様々な要因が重なって、残念ながらそういった結果になることもあります。

 

多くの場合は、やはり怪しいと感じるには理由があるわけで、夫婦間のその感覚は正しいと言わざるを得ません。

直感もかなりの確率で信用できると思います。

 

ただ、そこに浮気をしてほしくない、信じたくないという感情が乗っかってくると、その感覚を打ち消してしまうんですね。

でも、そのまま見過ごしていても不信感は消えません。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

そこは、皆さんそれぞれ考え方も状況も異なるとは思いますが、私はご自身がどうすることによって楽になるか、ということに重点を置いて考えていただきたいと思います。

自分が楽になったり、幸せに感じる方向性で物事を考えて決断していただきたいのです。

 

今日も、浮気調査を迷われているお客様と2時間以上、お話させていただきました。

どういう方向性を選ばれるかわかりませんが、少しでも良い状況へ向かわれることを祈っております。

 

 

 

 

 

 

 

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

 

探偵による浮気調査の料金はいくら?!

  • 2017年07月08日
  • 作成者:テラスエージェント相談員

カテゴリー:調査について

 

『浮気調査って、いくらですか?』

 

電話相談時に一番多く尋ねられる質問です。

皆さん一番気になるところですよね。

色々な探偵社のホームページを見ていると、料金の例など乗せているところもあります。

しかし、実際その料金で調査できるのかと思って聞いてみると、全然違うということもよくあって驚かれることも少なくないと思います。

 

時間計算で単価が〇〇円と言われても、では実際調査に何時間くらい必要なのかわからないですよね。

その時間計算の方法も不明でしょうし、調査員の人数によって金額が違うということもあります。

また、調査費以外にも車両使用料、機材費、報告書作成費、夜間料金等が必要な探偵社もあります。

そうなってくると、余計わかりづらいですよね。

 

例えば弊社の料金設定は、そのような付加料金は一切かかりません。

ほとんどの場合において、単純に調査時間で算出します。

 

そのため、私が料金算出する上でまずお尋ねしたいのは、『どの程度の調査が必要なのか』ということです。

 

そう聞かれても、浮気調査を依頼した経験など皆さんありませんよね。

ほぼ皆さん初めて調査依頼されるので、どのくらいの調査が必要なのかなんて全く見当もつかないと思います。

 

では、質問を変えます。

『調査結果をもとに、何をしたいですか?』

これなら、多少イメージをお持ちなのではないでしょうか。

浮気相手と別れさせたい、離婚したい、親権が欲しい、慰謝料を請求したいetc.

このように、ご自身がどうしたいかといった目標によって、どの程度の調査が必要なのかということが決まってきます。

 

例えば、ただ浮気をしているかどうか、ただ確認だけして欲しいという場合。

〇〇月〇〇日、〇〇時頃から〇〇時まで数時間のみの調査でいい。

こういう場合ですと、5万円前後の料金で調査できたりします。

でも、この場合は本当に確認をするだけで、それだけの証拠で離婚や慰謝料請求等は難しいです。

その時の対象者の行動によっても、大きな違いがあります。

浮気相手と会って、ホテルに行ったというのと、ただ食事だけをしたというのと、相手の家に行ったというのではそれぞれ一つの証拠能力に差があるのです。

そういったことを踏まえてどのような調査が必要なのかアドバイスさせていただきます。

 

もし、離婚をしたかったり、配偶者や浮気相手に対して慰謝料請求をしたいのなら、例えホテルの出入りの証拠が取れたとしても、それがたった1回の証拠であれば言い逃れされるたり、証拠として不十分とみなされる可能性が極めて高いでしょう。

このような場合、弊社では最低でも3回は証拠を押さえることをお勧めしております。

そして、3回証拠を押さえるための料金も、個々によって様々です。

例えば一回の調査と言っても、毎回仕事帰りに数時間だけ密会しているという場合もあれば、週末の朝から出かけて翌日の夜に帰ってくるという場合もあるからです。

弊社では、9割以上のお客様が20〜60万円の料金で、3回以上の証拠得ています。

 

大手に相談してみてください。

きっと料金が大きく違って驚かれるかもしれません。

 

「『〇〇探偵事務所』で180万かけてこの証拠をとったのですが、弁護士にこれでは証拠にならないと言われて…」

といった相談を受けることもあります。

金額は大体、100万から200万の間が多いです。

その報告書を見て、これを最初から弊社で調査していればもっと良い証拠が50万もあれば撮れたのに・・・と本当に気の毒になることもあります。

いくら難しい調査でも、弊社で最初の段階から100万を超えるような見積もりにはなりません。

 

どの探偵社もそうだと思いますが、一人ひとりの状況や、希望を考慮してどんな調査がどの程度必要なのかを判断し、料金を算出します。

皆さんできるなら少しでも安く調査したいですよね。

でも、料金だけで判断するのは大変危険です。

「料金が高額=高い調査能力」ということには全く持ってなりませんが、だからといって安ければ安い方がいいというわけでもありません。

普通に考えられる調査料金の基準を下回る料金というのにも、そこには何らかの理由があると考えたほうが良いです。

最近も、料金が破格に安かったからと何でも屋兼探偵に調査してもらったら、初日にバレてその後の調査続行が不可能になったという話を聞きました。

そうなると、他のちゃんとした探偵に調査を依頼しても、良い証拠を撮るのが難しくなってしまいます。

結果、料金も時間も必要以上にかかってしまったりすることもあるので充分注意してくださいね。

 

 

とはいえ、やはり気になる自分が依頼した場合の調査料金。

より正確に詳しくお話をお伺いするために、弊社では実際に事務所に来ていただいてお話をお伺いさせていただく事をお勧めしております。

事務所に行くと断れなくなるのではないかと心配される方もいらっしゃいますが、弊社の場合は大丈夫です。

その場で決める必要は全くありません。

一旦お家に帰って冷静に考えてから決めていただければと思っています。

もちろん、電話でも大まかな料金を算出することもできますが、細かく状況をお伺いすることで更に低料金の調査が可能であったりもします。

 

100万、200万の料金からすると、弊社の料金は安いのは確かなのですが、それでも大金であることには違いありません。

本当に浮気をしているかどうかわからない場合など、最初から高額な料金で調査をするのはためらわれると思います。

 

そのような場合は、最初の例のように低料金で調査をし、浮気の事実が判明してからあと2回分の証拠を押さえるための調査をするという手もあります。

 

ただ、注意していただきたい事が一つあります。

1回の証拠が撮れた時点で配偶者にその事実を問いただしてみたものの、言い逃れされてどうしても認めないといった状況になって、あと数回分の証拠が欲しいと言われる事があるのですが、そうなると相手は一度証拠を押さえられた事実を知っているわけですから非常に警戒をするようになります。

その状況で調査をすると調査自体の難易度が上がり、料金も必要以上にかかる可能性も出てきますので気をつけてください。

 

できるなら、そうなる前に。

まだ警戒もせず気楽に浮気をしている段階での調査が一番時間もお金もかからずに調査ができるといえます。

特に証拠も無いのに、怪しいと思って問い詰めただけ…という場合はまだ大丈夫です。

 

気になるようでしたら、お気軽にご相談ください。

 

 

 

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

 

自分で出来る浮気調査

探偵に調査依頼をする前に、あなたにもできる浮気調査があります。

離婚&慰謝料ナビ

婚姻届けを提出して夫婦になると、民法上において様々な義務が生じます。

Ameba BLOG 夫に不倫サレました。

結婚6年目の子なし夫婦。大好きだった夫が不倫..。当事務所ご依頼者が書かれた実話ブログです。

RECRUIT 採用情報

テラスエージェントでは、やる気のある調査員を募集しております。

まずはお気軽にご相談ください。

  • 秘密厳守 相談無料 24時間365日受付中

「探偵」と聞くとちょっと近寄りがたいイメージを持たれるかもしれません。

私たちは、そのようなイメージを払拭し、悩み事を気軽に相談できる身近な存在でありたいと思っています。

問題解決への第一歩を踏み出そうと思っているあなたからのご連絡をお待ちしています。

pagetop