岡山の探偵事務所。浮気調査ならテラスエージェント

一般社団法人 日本調査業協会正会員 / 探偵業務取扱主任者認定資格
探偵業届出証明書番号 岡山県公安委員会 第72160018号

MENU

まずはお気軽にご相談ください。

秘密厳守 無料相談 24時間365日受付中

0120-166-150

ご相談・お問い合わせ

総合探偵社テラスエージェント相談員BLOG

「もうお前とはやっていけない。」と言う夫(妻)。

  • 2018年05月10日
  • 作成者:テラスエージェント相談員

カテゴリー:夫婦のこと, 浮気のこと, 調査事例

こんばんは。

毎週火・木・土曜日のブログを担当しております総合探偵社テラスエージェント相談員の平田です。

今日もよろしくおねがいします。

 

今日はとある夫婦のお話から。。。

 

夫から離婚を切り出された。

理由といえば妻のやる事なす事、考え方から両親への接し方、子育て方針に至るまで全てが気に入らないという。

え。そんなことで?今までもぶつかりながらもやってきたのに?夫婦ってどこもそんなもんじゃないの?

 

そして、夫は言うだけではなくなんと実際に行動に移し始めた。

不動産で賃貸物件探している様子あり。その資料をカバンから見つけた。

休みの日には、まだ住宅ローンの残っている自宅の査定に業者もやって来た。

 

マジか…もう、今更どんなに頑張っても離婚しかないんだ

でも、やっぱり納得できない。何かがおかしい気がする。

どうしても離婚したいというなら、辛いけれどそれは受け入れよう。

ただ、言いなりで離婚するのではなく、真実は知っておきたい。

私を悪者にして別れたいのかもしれないけど、夫婦なんだしある程度の事はお互い様。

普通に暮らしていれば、誰だって不満の一つや二つはある。

でも、それって離婚しなければならないくらい我慢できない事?

今まで何年も一緒に夫婦としてやって来たのに?子供もいるのに?

 

そして妻は離婚する前に事実を確認する為浮気調査を決意した。

結果はすぐに判明。予想通り、真っ黒。

しっかり浮気をしている証拠がつかめた。

相手は独身女性。

自分と別れて、一緒になろうとしている様子。

 

妻は夫に事実を突きつけた。

『あなたは私のせいにして離婚をしようとしているけれど、本当の理由は浮気だったのね。

それならそれで、こちらも対応させてもらいます。

もちろん離婚には応じますが、2人には慰謝料請求も含めてしっかりと償ってもらいます。』

 

 

 

すると夫は

これまであんなに離婚、離婚と声を上げていたのに突然、離婚は一時的な気の迷いだった、相手とは別れる、もう一度やり直してほしい、と態度を一変させてきたのだった。

 

 

 

このようなケース、珍しい例だと思われますか?

多くの人は一度離婚だと言い出したらそれを実行するのではないか。

うちの夫(妻)はプライドも高くて一度いい出したことを自分から頭を下げて覆すなんて絶対に無い!と思われていませんか?

 

実は今回のお話は非常によくあるパターンなんです。

今回の例は夫の浮気でしたが、反対に妻の浮気でも同じです。

 

調査をすることで、多くの方は自分の中で踏ん切りがついて、辛い思いをしながらも心を決められます。

ところが頑張って頑張って、気持ちの整理をつけたのにこんな風に態度を変えられたら

 

あなたならどうしますか?

夫(妻)を受け入れることができますか?

 

 

心を決めるときに、こんな事もある事をちょっと頭の隅残しておいて、万が一の事態に備えておいてくださいね。

 

 

 

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログTOPへ戻る

自分で出来る浮気調査

探偵に調査依頼をする前に、あなたにもできる浮気調査があります。

離婚&慰謝料ナビ

婚姻届けを提出して夫婦になると、民法上において様々な義務が生じます。

Ameba BLOG 夫に不倫サレました。

結婚6年目の子なし夫婦。大好きだった夫が不倫..。当事務所ご依頼者が書かれた実話ブログです。

RECRUIT 採用情報

テラスエージェントでは、やる気のある調査員を募集しております。

まずはお気軽にご相談ください。

  • 秘密厳守 相談無料 24時間365日受付中

「探偵」と聞くとちょっと近寄りがたいイメージを持たれるかもしれません。

私たちは、そのようなイメージを払拭し、悩み事を気軽に相談できる身近な存在でありたいと思っています。

問題解決への第一歩を踏み出そうと思っているあなたからのご連絡をお待ちしています。

pagetop