浮気調査に関すること

探偵や依頼者にとって映像編集や報告書は重要?

こんにちは、月・金を担当しております、総合探偵社テラスエージェント代表の岡です。
いつも弊社の探偵ブログを読んでいただきありがとうございます。

先週はiMacの不調で映像編集もろくに出来ず、報告書の作成に手こずり、効率の悪い時間を過ごしてしまいました。
弊社にはiMacが3台ありますが、どれで試しても上手く行かないのです。
以前もiMacのハードディスクがクラッシュしてしまい復旧できなくなると言う最悪の出来事があったので、
もしかしてまたハードディスクがクラッシュしてしまったのかとヒヤヒヤしました。
しかし、今回の原因はiMovieの自動アップデートとOSのバージョンアップだということが判明したので少しは安心しました。

弊社では動画を証拠として利用していただくために、特殊な方法でパソコンへ取り込んで動画編集を行っています。
ただ単にパソコンへ取り込んで編集するだけなら簡単ですが、取り込んだ映像は誰が見ても、見やすく分かりやすくを念頭に編集していきます。
この様にひと工夫もふた工夫もしていくので、時間と労力とパソコンにも負担をかけてしまいクラッシュするわけです。

今回はクラッシュしたわけではないので安心しましたが、同じような環境で編集している探偵社がいれば注意していただきたいので、
こちらで記録として残しておきたいと思います。

探偵にとって証拠映像を報告書として使用する場合、撮影された日時が詳細に表示されていなくては証明にはならないので、
パソコンに取り入れてDVDや証拠用のデータにする際はキャプチャーを利用しています。
キャプチャーにも安価なものから高価なものまでいろいろ種類があります。
弊社が以前から使用しているキャプチャーはこちらです。
ADVC-HD50

このキャプチャーを利用して、画面上に詳細な日時まで記録できるようにしています。
ADVC-HD50を購入した時は80,000円くらいだったと思いますが、今は50,000円くらいでしょうか?
いろいろなキャプチャーを試してADVC-HD50が一番安定が良かったので、今現在も使用しています。

iMacのバージョンとiMovieのバージョンはこちら

macOS Sierra バージョン10.12.6


iMovie バージョン10.1.6

注意としては、上記以上のバージョンにアップデートしてしまうと取り込みが出来なくなったり編集ができなくなったりするので注意が必要です。
AppleCareでのsupportで試行錯誤しましたが、2017年10月現在これが限界だそうです。
報告書のクオリティーを上げたい探偵社は、上記のような方法を利用してみるのも良いかもしれませんね。

僕ら探偵は行動調査をする際に対象者を撮影(記録)し、その映像や画像が証拠として重要になってきます。
実際に動画を報告書として提出しない探偵社も多くいますし、証拠となる画像や映像に日時がキチンと入っていないなど、
依頼者にとって全然優しくない報告書もありますので、依頼する前には必ず報告書のサンプルを確認をしておくべきだと思います。

弊社での考え方は、依頼者にとって動画の証拠は早期解決のためには欠かせないと思っています。
そのために、時間をかけ編集し対象者と争わず早期解決できるような報告書づくりに時間をかけていますので、過激な証拠が撮影できたとしても全ては使用しないこともあります。

最近も同業他社の報告書を持って来られた相談者がおられましたが、あまりにもふざけた報告書でびっくりしました。
同業他社の映像編集や報告書はどうしているのか?
本当に疑問です。

弁護士に一番選ばれている探偵社

岡山で浮気調査といえば総合探偵社テラスエージェント

岡 弥舞

岡 弥舞

一日でも早く笑顔で過ごせる日を願っています。

関連記事

最新の記事

  1. 他社の調査に同行させて頂きました

  2. 探偵の探偵による探偵の為の研修会 #1

  3. PayPay使えます♪

おすすめ記事